2016/07/30

幻想と怪奇の英文学II:増殖進化編

 
昨年8月末に「プランC」の原稿を提出したものが、ようやく出版されました。amazonに出ておりますので、こちらからどうぞ!
 
イギリス文学の中でも、幻想/怪奇文学系のジャンルを取り上げ、
「テクノロジー(orサイエンスor機械)」「ヴィジョン(orファンタスマゴリア)」「子供」「動物」「変身」「幽霊」「民話」「災疫(or災害)」「魔法(or錬金術)」「西洋怪奇or幻想のジャパネスク」
 
というくくりの中で、各先生方が論考を寄せていらっしゃいます。
 
私は上記の中から「子供」というテーマで書きました。
 
扱われる時代もテーマも幅広い論集になっております。
 
 
当初、6月中発売の予定でしたが、結果的に7月31日発行と相成りました。送料節減のため、大部分の方には手渡しで献本する予定でしたが、夏休みに入ってしまったので、直接お渡しする予定であった方々には秋学期までお待ち戴くことになります・・・。9月に差し上げますので購入しないでおいて下さいねという連絡を色々な人にしています・・・。
 
昨日の午後までは表紙デザインが不明で、夕刻になって公開されたのですが、「幻想と怪奇」のタイトル通り怪奇的な、暗くて怖い雰囲気の装丁でした。表紙に使われている版画は谷中安規(たになかやすのり 1897-1946)氏の作品だそうです。谷中氏の死因は栄養失調とのことで、おそらく戦中戦後の食糧難で命を落とされたのでしょう。
幻想的、独創的且つ怪奇的な版画作品で知られるようで、展覧会なども開催されているようです。電子辞書に入っている百科マイペディアにも載っていました。


今回の執筆にあたっては、編者の先生方、春風社編集部、学部・院時代の指導教授に大変お世話になりました。ご多忙の折ありがとうございました。

0 件のコメント:

コメントを投稿