2016/05/09

次回の土休は6/11!

学校社会にとってGWは早すぎる時期にあります。新学期が始まり3週間ぐらい授業をして、軌道にのり始めたところで一気に休み。跳び箱に例えれば、踏切板を蹴ったところでストップするようなものです。これでは5月病にもなります。敢えて、もうちょっと一気にやって、それから一休みした方がいいような気がしますが。
ただ、新入社員を除くと会社員等は正月以来働きづめなのですから、GWはもっと早い時期に在って欲しいぐらいかもしれません。

大学のスケジュールでは前述の通り「ちょっとやったと思ったら休み」という感じになりますが、その分、あとは夏休みまで休日はないため、例年この時期が一年で一番体力的に辛いです。毎年のように人生初の何らかの症状に見舞われている気が…(笑)

授業自体は11週間連続(海の日ももちろん授業日です)ですが、個人的にも学術関連の予定が土曜日に連続で入り(授業日もあります!)、次回土曜日が空いているのは6月11日ということに気付き、どっと疲れが出ました。その翌週はJSMES東支部研究発表会があります。




単なるぼやきの記事になってしまいましたが、3週間ぐらい授業をして、ようやく「授業日のうちに授業準備を済ませ、授業が無い日は完全に空ける」というスケジュールにできるようになってきたところです(学期始めは休日も授業準備にあてないと間に合いません)。従って文献読みも再開できたところですので、その感想などまたアップします。