2015/10/02

USBメモリ紛失

教員用端末室(非常勤教員用PCルーム)のデスクトップPCにUSBを挿したまま授業に行ってしまいました。
数日後に気付き(笑)遺失物コーナーへ行ったら、在りませんでした・・・10日後に改めて行ってみましたが、やはり届いていませんでした。

実は同様のことを既にこれまで1、2回やってしまっていたのですが、いつも問題なく遺失物コーナーに届いていたので、今回もすんなり取り戻せるだろうと思い込んでいました。
何しろ置き忘れた場所が教員用の部屋ですし、その辺に適当に置いたわけではなくパソコンにささったままだったのですし、貴重品でもありませんから、なくなりにくい(と思う)のです。

不幸中の幸いは学生の個人情報が入っていたわけではないことです(そしたらニュースになってしまいますね苦笑)。

そもそも学生の情報はファイルにはしていません。出席簿は紙媒体ですし、テストの点数をわざわざエクセル等に入力したりはしません。点数は出席簿に書きます。さらに、成績評価も紙媒体での提出だったり、オンラインでのクリックだったり(ファイルを送るわけではなく、さながらオンラインアンケートのような感じでポチっと成績を押す)しますので、データの形で持ってはいません。大教室での授業ならそうもいかないのかもしれませんが、語学クラスの規模ではデータ化するメリットは殆どないように思います。転記ミスの起こる確率も上がりますし。

それにしても、USB等を抜き忘れると画面に表示が出るので(それすら見る前に席を立ってしまいました)後から使った先生が気づかれたはずです。それでなくなるとは、もしかして盗まれたのでしょうか。先述のように、学生の個人情報ファイルというもの自体が存在してないので、その方面の心配はないのですが、自分の個人情報は入っていたかもしれません(履歴書とか)。自己責任とはいえ、少々不安ですね。

0 件のコメント:

コメントを投稿