2015/08/21

プランC

さて、前回書きましたように原稿(日本語論文または日本語随筆/研究ノート)執筆は、一旦書き上げたらあまりに酷い出来で(プランA)、随筆版も作り(プランB)、考え直して新たな論文版を書き(プランC)・・・※但し序論に該当する部分はほぼ全共通
そして本当にプランCでいくことになりました(苦笑)。先生よりアドバイスも頂きましたし、これも前回書きましたようにグロッサリー(巻末の語彙解説でミニ辞書のようなもの)がない中世英語の本で、Oxford English Dictionary、Middle English Dictionary(中世英語の辞典)、Chaucer Glossary(チョーサーの使った単語のミニ辞典のようなもの)を駆使してもまだ不明だった箇所が、先生にご教示頂いた昔のスコットランドの言葉辞典で解決!

まあ確かに作品は北部の英語で書かれていて、現在の普通の英和にも載っている単語の場合、スコットランドとの表示があったものも在りました。

このスコットランドの言葉の辞典はOxford English Dictionary等と同様、百科のように何巻にもわたる冊子で、一冊の厚みもかなりのもの。今日は筋肉痛です。

探していた絵も見つかりましたし、今年ずっと気にかかって仕方なかったこの原稿も完成のめどがたって一安心しています。

0 件のコメント:

コメントを投稿