2014/12/30

年末

例年通り(父が家にいるということ以外)年末年始感の一切無い我が家からお送りしております。お花を置くような場所も無い構造なんですよ、うちのマンションは。

ただ、大掃除まではしませんでしたが、かなり整頓はしました。この道に進むと本当に困るのが文献コピーやハンドアウトなどの紙類の整理。いくらファイルがあっても足りませんよね。

テストやシラバスづくりも大体終わりましたが、ロングマン社に二週間前に請求した教科書見本が未だ届かない為、1クラスのシラバスが書けないままでいます。さすがに問い合わせを出しましたが、もう年末なので対応は来年になることでしょう。シラバスの締切を1月7日前後に設定されるのは本当に困ります。いや、それを見越して学期中から準備をしておけと言われればそれまでなのですが、できれば学期が終わってからじっくり考えたいので。

気付けば日付も早くも30日となっていますが(さっき12月になったばかりですよね?)ラテン語漬けの時間を過ごし・・・いや正確には過ごそうと試みています。


今年は答案にびっしり書いてあった批判のショックに始まり(生涯忘れられない傷を負いました)、ロンドンでの学会に向けた準備を行った春休みを過ごし、無理矢理論を構築して英文原稿を執筆し終わりました。4月からは昨年度と全く同じ10コマを担当し、学会役員にも就任。やはり9月のロンドンでの学会のことが常に気にかかっていたので、焦っていて、あっという間に前期が終了しました。
ロンドンでは財布を盗難されて二度と手に入らない記念suica2枚や限定デザインスターバックスカード2枚等を一度に失い、日英両国の警察とのやり取りも含めて非常に疲れ、また落ち込みました。その心身の疲労を引きずったまま後期に突入したので、後期は異常に眠く、仕事でのパフォーマンスも落ちたりして良くなかったですが、頑張って過ごしました。
今年は仕事の応募も今更ですが始めましたし、振り返ってみれば非常に忙しかったような気がしてしまうのですが、実際は例年よりほんの少しやることが多かったという程度に過ぎません。


さて、来年は9コマを担当しつつ、業績づくりをせねばなりません(と一体何年言っているでしょうか・・・)
まあ否応なくできる業績がひとつあります。書籍に寄稿する予定となりましたので、とにかく一章仕上げます。日本語ですからその面では気楽ですが、テーマがテーマなだけに。内容はお楽しみに、ということにさしあたりしておきます。(笑)

皆様、楽しいお正月をお過ごしください。

0 件のコメント:

コメントを投稿