2014/08/10

Teaching English as a Second or Foreign Language

最初はパニックになりそうでしたが、学会発表の準備もめどがついてきて落ち着いて原稿の改訂作業をしています。
物凄く当たり前のことですが、研究は一人で机に向かい続ける作業、授業は人前で話し多くの人と関わる作業、と実に正反対で、まったくタイプが違う行動です。これをどちらも上手くやらなければならないというのは、本当に厳しいものです。

センゲージ・ラーニングより教科書採用御礼として書籍を頂戴いたしました。ありがとうございました!


価格を言うのも何ですがamazonでも4800円ほどします。それをプレゼントして頂けて本当に有難いことです。無料で頂ける本ならパンフレットぐらいのものかと思い込んでいたら、double columnで700頁もあるボリュームたっぷりの書籍でした。

英文科出身英語教員の強みは、大学生時代から長年とにかく大量の英語を読み書きしていることです。一方弱みは、英語教授法を学んでいないことです。自分でもTESOLの勉強をしていないことがずっと気にかかっており、何か参考書ぐらいは買おうと常々思っていたので、ちょうどいいタイミングでした。

学会が終わったらちょっと見てみようと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿