2014/05/26

Saracens and the Making of English Identity

金曜日の夕方、4月に注文した本がようやく届きました。
結構な値段でしたが、丁度アマゾンギフト券があったので、それを駆使して安く買うことができました。
確か論文集の参考文献一覧表を見ていて着目した本で、Robert Allen Rouseの論文(2008)の注にも記されています。2005年Routledge刊の研究書です。
 




多分日本の大学図書館にはないので、読むには海外の図書館にあれば取り寄せるか、大学図書館に購入希望を出してみるか、古本で探すか、自分で買うかです。この前初めて購入希望を出してみたところスムーズに通ってしまったのですが、今回は自分で買ってみることにしました。何か非常に興味を引かれたもので。

中世文学におけるサラセン人について文献集めをしていく中で、当初自分では考えていなかった、そして今回取り組んでいる内容に含める予定もなかったnational identityのテーマが出てきました。私はあくまで宗教対立の程度とかいった問題からこのトピックを見ていたのですが、文学作品中のサラセン人という他者(Other)の存在に対比するものとしての自己and/or国家のアイデンティティの形成、という方向性の論文がいくつも出てきたのです。
逆に中世イングランドのnational identityのテーマを考えても、やはりサラセン人というトピックからのアプローチはあまり考慮した事がありませんでした。
さらに副題がThe Auchinleck Manuscript。National Library of Scotlandが所蔵するこの写本は多くのロマンス(物語文学)はじめ沢山の作品を収録していることから中世英文学界においては特に有名な写本の一つです。この写本の事が論にどう絡められていくのでしょうか。
読む暇があるのかどうかが問題ですが(笑)、どんな内容なのか楽しみな本です。

0 件のコメント:

コメントを投稿