2014/05/06

GW終了

次回の休日は秋分の日です(去年はありませんでした)。その次の休日は文化の日で、さらにその次は(元旦以外では)成人の日です。

ともかく、来週以降10週間ノンストップとなり、毎年この時期の疲労が自分の中で問題となります。前期末にはもうこれ以上働けないと思う程疲れてしまいますが、労働量は会社員や専任教員の何分の1でしかないでしょう。先が思いやられます。

前期と後期を比較してみたところ、前期は休日なく連続するのが最大10週間であるのに対し、後期は何と最大3週間(12月)でした!


さて、「祝日授業実施」が行われる2011年度以降の私大においては幸いな事に、GWはカレンダー通りでしたが、休日の間、何本か論文を読むことができました。
昨年度は月~木が授業だったので、月~金授業実施及び準備、土日研究を目標としていましたが(あまり達成できませんでしたが・・・)今年度は同じく月~木が授業で時間割も一緒ながら、授業準備を更に要領よくしかも昨年度より綿密に行うことができています。そこで、月~木授業実施及び準備、金土日研究、を目標にしています。ロンドンでの学会発表もあることですし。
それにしてもたった数本論文を読むだけでも研究的にも気分的にも随分違いますね。思いがけず前回記事に書いた『リチャード獅子心王』の乾杯の挨拶に関する論考にも遭遇しました。


学会役員の仕事も始まりました。私の業務は会計ですが、高校の部活でマネージャーだったこと(所謂野球部のマネージャー等とは異なり、財務管理を担当する役職)がこんなところで役に立つとは!という感じです(笑)。高校の部活でも、必要経費を各自払った場合は領収書を取って私に提出してもらい、私は出納帳にそれを記録し部活の口座から出したお金をその人に渡していました。学会でも基本的に作業はこれと同様です。部活では出納帳の項目ごとに番号を振り、同じ番号を領収書に書き込んで照合させておかなければならなかったので、寧ろこちらの方が細かい作業だったかもしれません!
学会のプログラムはボリュームたっぷりで、懇親会も豪華なものになりそうです。

0 件のコメント:

コメントを投稿