2013/12/05

期末試験の作成

気付くともう来週&再来週が期末試験提出締切日なので、もう問題を作り始めました。

以前から繰り返し書いていることですが、試験問題を事務に提出すると締切日ができる(しかも早め)一方で、印刷をやって頂けて、早めに問題作成が終わります。事務に提出しなければ問題作成はぎりぎりまでできますが、自分でやるコピーなどが意外と大変です。一長一短なのですが、早すぎる締切日に強制的に終わるのが却って良く、結局基本的には事務に問題印刷を依頼しています。

語学の試験に関しては、日々の予習など普段の頑張りを考慮して試験は簡易なものにし、確認程度のものにするという方針の先生もいらっしゃいます。私は逆に、予習をしてこない学生を取り締まり(?)きれていないこともあり、また、自分が学部生の時は様々な科目をさんざ勉強させられた経験から、かなりしっかりと試験をし、相当の準備をしなければ良い点は取れないような問題を出します。第二外国語だって、単語を数百個一気に暗記して臨んだものです。英語も半期の間に扱った内容を全て把握するような勉強を求めます。後期は冬休みに準備できますし、前期より楽だとは思うのですが。

しかし、問題作成をやったり自分のリサーチをしたりしている間に冬休みになってしまいそうですね。つまり、またしても正月をシラバス執筆に費やすということです(苦笑)。まあ、正月といっても帰省も初詣も何の習慣もなく殆ど平日と変わりない日々なので、仕事するにもあまり抵抗はありませんが。

0 件のコメント:

コメントを投稿