2013/12/28

シラバス執筆、冬期休業、今年を振り返って

慶應義塾では本日から冬休みに入りました(5日まで)。今年の暦では一般企業と全く同じ休業期間となり、殊に帰省する学生はラッシュを避けられず大変かと思います。

さて、帰省もなく、また必ずしも親戚じゅうで集まったりしない都市部の年末年始を過ごす私は毎年のことながら全くウィークデーと変わりない普段通りの生活ですが、それでも「1月1日からネットでシラバス執筆なんて・・・。」と毎年思うため、今年は頑張って先程全部一応書き終えました。自分が大学1年だった時の語学講義要項を発掘したのですが、「○×を読みます。」と授業内容の欄は一行でOKだった時代なのです。今では授業の内容(全体的に)、到達目標、進行計画(年間30回分全て)、成績評価基準・方法、予習や復習の内容・方法、教科書(学校によってはISBNや価格も)を書かねばなりませんから、意外と時間のかかる作業です。今年からひとつの大学ではシラバスにリンクも挿入できるようになったので、オンラインの辞書へのリンクを貼ってみました。

しかしまあ大1時の語学案内の記述を見ると「カセットを持参すること」とか「カセットとビデオを用いる」といった辺りが時代を感じさせます。もちろん、CDどころかネットも携帯もあった時代なのですが・・・まだ教科書付属のカセットも多い時代だったのかもしれません(未だに付属しているのはCDではなくカセットという教科書が発売されているぐらいですから)。
けれども(上述のようにカセット付属のテキストも今でもあるにせよ)今の時代はネット上に教科書の朗読音声がmp3で置いてあったり、DVD付きだったり、スペシャルサイトにアクセスして自習できたり、デジタル版教科書が付属DVD-ROMに入っていたりとかなりメディア関連の部分は変わってきました。
DVDを必ず観るクラスでは「教科書にDVDが付いてないんですけど・・・」と学生に訊かれてしまったぐらいです(笑)(※このクラスで観るDVDは、全何巻、総計何万円、といった類のものなので、教科書に貼りついている程度の物ではありません)

このようにメディア面でも発展を続ける教科書ですが、教室の設備に左右されるのが難点です。さすがに現在は、どんなに古い校舎であっても大抵の教室で様々な音響・映写系設備が後付けされています。しかし古い教室に後から備えた場合は、例えばスクリーンだけは設置されているけれどもプロジェクター、パソコン、プレイヤー等は別途借りて持って行って全部つないでいかないといけない、といったような状況になります。
そういうこともあって、どのような機器を使うかは(例:毎週パソコンが必要、等)前もって提出しますが、希望通りの教室が使えるとは限りません。更に、この希望を出すのは教科書選定より遥かに前の時期です。また、最新設備を備えた校舎がほとんどない大学もあります。CDをかけるだけでもCDラジカセを持ちこまなければいけない教室もあります。そこで古い教室に当たると、DVDの映像を流すだけでもいろいろな外部機器を運んで行ってつながなければならないという事態になり、毎回毎回様々な機器を持ち運びつなぐという作業をしてまでこれを流すか?ということになると躊躇してしまうのが現状です。


さて、あと一週間しかない(!)冬休みですが(いつもシラバス執筆に費やしてしまいます)、今年はシラバスを一応終えたので他の事もしたいと思います。


今年を振り返ってみると、前期は11コマ教えて喉を痛めたり風邪を引いたりあたふたしているうちに終わってしまいました。夏休みはGendered Voicesという論文集を読みましたが、猛暑とマンション大規模修繕工事に伴うシンナー臭、騒音、ペンキ臭などに耐えているうちにあっという間に終わってしまった気がします。研究環境が良くなかったですね。(言い訳)
後期は10コマでしたが、気温上過ごしやすくなるに伴って、結構いろいろと頑張れました。部屋の整頓などまで含めて(笑)。ラテン語読書会も結構精力的に参加しましたし、授業準備は秋ごろまでに年度分終え、後期末試験もさっさと作って提出し、データベースを駆使して一杯論文を集めました。新たなリサーチテーマもできましたし、ロンドンの学会発表にも応募しました。そして来年度の教科書を選定しシラバスを7クラス分書きました(3クラスは共通シラバス)。
来年は何らかの成果を仕事上も研究上も出せるようにしたいと思います。


そして、卒業論文・修士論文・博士論文を書いている皆さん、どれも思ったより何とかなってしまうものですから気を楽にして頑張って下さい。そして、いろいろと知らない事を調べるというプロセスを楽しんでください。(そんな余裕あるか!という声が聞こえてきそうですが、知らない事を調べるのは本来楽しいものです。極端な話、ググるのと同じような面があります。)戸田山和久氏の言うように、「鉄則1 自分を高めるための手段として論文書きを位置づけよう。」ということです。
いずれにせよ、とりわけ学位論文に取り組んでいる方々は心より応援しております。どうか思い詰め過ぎないでください。学問には終わりがありません。リサーチ不足な部分は永遠に残りますから、一旦思い切りましょう。また今後やればいいんです。その心残りな部分が次なるステップの土台にもなりますし。そして、頑張り過ぎて体を壊しては元も子もありません。今後の人生まだまだ長いかもしれないんです。努力も、健康を損ねない程度に・・・!


というわけで、学位論文からは解放されましたが、学術雑誌投稿論文は未だに作業中の私は、この辺りから来年頑張るとします。今でしょ!どころか数年後でしょ!になってしまう自分。そろそろ、はっぱをかけねば。
そして採択されれば、ロンドンの発表のほうも全力を傾注せねばなりません。日本の学会にもまた出たいですね。語学の勉強もしたい。それを言ったら楽器だってやりたい(全然関係ない)。新年の抱負を考えると、四月病のようになってしまいますね(苦笑)。

それでは皆様よいお年を!

0 件のコメント:

コメントを投稿