2013/06/23

第5回西洋中世学会

今年は中央大学多摩キャンパスで開催中です。このキャンパスは一昨年の日本中世英語英文学会東支部研究発表会で訪れましたので、ちょうど2年ぶりです。片道1560円の道のり(!)をはるばるやってまいりました。しかし今調べたところ、大学1年の時は電車走行距離でいうと更に2キロ長い道のりを通っていたようです!

さて、今年は土曜日の自由論題報告(研究発表)を聴きに行きました。この学会では時間の超過や会場の収容人数の問題(いつも立ち見或いは補助席?使用者が出る)が気になっていましたが、今回はその双方ともが改善され、タイムキーピングがしっかり行われ、会場も大教室が使用されており余裕がありました。人が多すぎて着席できない事があるからと思いやや早めに行ったのですが今回はその必要はなかったようです・・・

発表は2~6時で5本、歴史・文学・美術など様々な分野からの報告が行われました。途中、
「現在、冷房を運転しています。窓が開いていると冷房は効きません。窓を閉めて下さい」とか何とかいう非常に当たり前すぎる内容の力の抜ける校内アナウンスが入った挙句

「繰り返します。」

と改めて放送が繰り返され会場大いに脱力、失笑致しました。

今回の会場は、遂に収容人数十分な教室が確保されたという点では非常に良かったのですが、どうもマイクの調子が思わしくなく、ワイヤレスマイクの赤外線が向きや持ち方によってすぐつながらなくなったり、教卓のマイクも音がもごもごしてしまう感じで聴き取りにくいなどの問題がありました。その為、発表も一生懸命リスニングする感じになるところもありました。

内容に関しては例年通り、自分が詳しくない分野の事は内容をフォローしにくいこともあるのですが、何か一言説明的な語句を付け加えたり喋り方を工夫したりすることで、専門分野が多様である聴衆により伝わりやすくなるのではないかと思いました。十字軍及びイングランド宮廷という歴史と文学テクストの連関をみる発表が在りましたが、物語文学の作品により直接的に史実との関連がみられたり、作品自体が年代記の文脈に取り込まれている物もあります。文学と歴史というのは私が以前から常々、併せて考えねばと思っている箇所です。
文学と美術というのも同様です。例えば死生観は何らかの著述にも、教会の彫刻や絵にもあらわれますし、今回の発表で雅歌の註解を彫刻等にみるという視点も文学の人間からみれば新しいものでした。聖書等の注釈、註解というのは中世英文学研究の分野でもよくあるトピックです。余談ですが、無宗教の人間は聖書を字義通り読んでしまいますので、雅歌を読んだ時は聖書にこんなきわどい書があるのかと驚いたものです。


2時間を超える道のりですので懇親会は今回欠席しましたが、まあ家に帰ったら、こんなことなら懇親会に出てくれば良かったというような状況になっていました。

本日日曜日は中世のなかのローマという、古代ローマ好きの中世研究家としては非常に興味をひかれるシンポジウムが行われております。が、遠路の為今日は欠席しております・・・。来年は同志社でしたっけ?

ともかく、冷房の冷風にあたりながら4時間座り続けていましたので、自由論題報告の4本目、5本目あたりではもう手がかじかんで発表のメモを取るのも大変でした。とはいえ様々な方面からの発表を聴いて刺激になりました。今年は研究者としての自分を立て直すことが目標のひとつなので頑張ります。

0 件のコメント:

コメントを投稿