2013/01/03

シラバス入稿

明けましておめでとうございます。
今年は何かあった時にたまに更新致します。皆さまにとりまして佳い一年でありますように。

さて、この3が日でシラバスを全て書きました。共通シラバスの科目などもあるので、一からシラバスを書かなければならないのは8コマでした。今は全授業回数分の予定を書かなければなりませんが、語学しかも新しく習う第二外国語ではなく英語の場合、新たな文法事項などを学ぶ訳ではないため、例えば「Lesson 1 ○×」「Lesson 2 ○×」のように教科書のチャプタータイトルを羅列していくしかないわけで、あまり細かい予定を明記する意味がありません。

来年度はほぼ全てのコマでオクスブリッジの教材を採用しました。アメリカ文学、英語史、聖杯伝説などを題材に教えます。私はイギリスとアメリカを比べたら後者の方が詳しいので(但し文学以外)、アメリカを素材にしたものを増やしたい気もします。

博士号を取得するという人生最大の目標をとうとう達成したので、もう今年の抱負だの何だのは無いのですが(笑)、昨年基本的に研究をしていないため、今年は何かしたいと思っています。取り敢えず、そろそろ雑誌論文を投稿しましょうという感じですね。学会で発表したっきりなので、そのネタを活字化せねばというわけです。
仕事に時間を取られると、博士号で研究が終わってしまうよと警鐘を鳴らして頂いたので、長期休暇は大学生と全く同じようにあるというパートタイマーの超特権があるうちに勉強しておこうと思います。

そう言いながら、冬休みは後期疲れたからなどと思ってゆっくりしてしまい、だれてしまっているのですが・・・そうこうしているうちに月日は過ぎ去る訳ですからね。学問的に刺激を受ける機会も、或いはただ単に同じ専門の友人知人etcと話す機会も(例え他愛ないお喋りであっても)、今では自分で作らねばなりません。少々多忙でも、逆にあえて以前よりも積極的に読書会や学会や研究会に出ようと思う理由の一部はそれです。

0 件のコメント:

コメントを投稿