2012/11/22

博士号取得

明日も普通に授業です。

さて、すっかりご報告が遅れましたが、何週間か前に博士号の取得が議決されました。2006年に博士課程に入学してからも勿論長かったですが、それよりも提出後の月日が長かったです。バレンタインデーに提出し、その後下旬に受理され、口頭試問は夏休み。その後、正式に大学院の委員会での議決までさらに2か月以上。ひたすら「待ち」の日々でした。

何週間か経ったとはいえ、大学から何かお知らせの書類などは来ていないので、何か実感が湧かない時もあるのですが、学位取得証明書は早速取得し、勤務先に提出しました。学位があると講師給が上がるのです。上昇率は1%未満ですが(笑)

京大の山中教授が仰っていたように、やはり責任を感じます。博士号を持っているからには、いくら英米文学に詳しくても詳しすぎることはないのですし、実際、英文科の先生方は専門外の事も専門領域同様にご存知です。私は中世英文学専門故、近現代にはやはり少々疎いですし、アメリカ文学もあまり読んでいません。現代の国としては、イギリスに比べればアメリカのほうがずっと詳しいですが、文学に関してはwell-versedではないです。
ですから、自分の専門を深めるだけでなく、他の英文科の内容も深めねばと思いますね。

本当にベタな感想ですが、先生をはじめ家族や院生の皆さんにも、友人にも、本当に感謝しています。しかし、皆様のお陰だけではありません。皆様から支えていただかなければ完遂できませんでしたが、同時に、自分の頑張りと粘りがなければ完了できないプロジェクトでした。自分でも相当原稿は添削しましたし。


ということで、博士論文の経過を書くことを主な目的として突然開設した当ブログも一段落となります。当分は研究について書くような事も無いですし、今後はまた何かあった時に更新します。(まあ、早速中世学会が来週ありますが。)

2012/11/17

来年度の時間割

まあ個人的に色々ありまして、変えて頂いたり辞退をさせて頂いたりして、時間割を決めました。来年度は11コマ担当します。

2年連続で年が明けてから1コマ追加していることを考えると、今後もオファーがくる可能性はあり、15コマ、16コマやってらっしゃる方も珍しくないのですから、まだまだお引き受けできる筈ではあるのですが、

  • 同一科目において、2年連続同じ教材を用いたクラスがあり、来年度もこの科目を担当するが、3年間同じ教材をやり続けるというのはちょっと。
  • 小規模クラスの授業方法を根本的に変更する必要がある。
  • 某大学2クラスの指定教科書を来年度の同2クラスでもそのまま使うかどうかは、教科書のボリュームの少なさと授業回数の多さのアンバランスの点などから、微妙なところである。
  • 昨年度商学部で使用した教科書を今年度文学部で使用しており、科目どころか学部が違うとはいえ、やはり来年も使うと3年連続になってしまい、そこまで使い続けるのもどうなのか。
  • 採用した教科書が難易度高すぎだったようなので、一段階下のものに変えようか

という訳で要は、来年度は今年度以上に新しい教材を導入する必要があり、そうすると準備も大変になります。
更に、同大学同学部で同じ科目をいくつか担当する場合、同じことをやらされる場合と全て違うものをやらされる場合とがあり、後者のケースが来年度はある上、3コマ連続なので3種類のネタを考えねばならない。

そんな状況を考えると、15コマ持ったら間違いなく授業は適当になってしまいます。

そういう訳でオファーは受付終了というか、もうこれで打ち止めにさせて戴いて、来年度の授業内容を練ります。

2012/11/10

来年度

取り敢えず、3コマ入っている日が3日、2コマ入っている日が1日あります。とにかく悩むのが教材。どの大学のどのクラスでどのテキストを用いてどんな授業を行うのか・・・。そして、大半は講読の授業ですが読めるようになるには大量に読むしかない、そして授業で大量に読めない、意味が分かっているのかどうかを正確に確認するにはやはり訳させてみないとわからない、しかし訳読一辺倒は良くない、と堂々巡りのジレンマに陥ります。

この仕事も3年目ですから、学生が苦手とする文章タイプや、どのぐらいのレベルの英文が教材に適切か、までは分かるようになりました。「こういう文になるとダメ」というのが分かってきたので、普通の洋書や洋雑誌などを見ると、かなりの割合の文章が難解に見えます(笑)。ともかく、allowをアローと読まない学生が現れる日はいつ来るのでしょうか?

2012/11/02

後期後半

今日で学園祭の休講は終わり、来週月曜日から冬休みまでは何もありません(勤労感謝の日が授業日)。最近ポピュラーな「祝日授業日」ですが、こういう日はとても欠席が多いので、あまり意味を為していないような気もします。

担当9コマのうち、なんと6コマは授業が年内で終了します(年明けは期末試験を実施するため)。そういう訳で、あと7週間がほとんどラストスパートという感じです。この7週間は、普通に授業をしつつ、期末試験問題の作成と、来年度の計画を練ります。

再び母校での仕事を得たのですが、まだ何曜日に何コマやるかはわかりません。いずれにせよ、ここだけシラバス締切が早く、12月頭になると思うので、今から内容を考えねばなりません。結構悩みます。

パートタイマーは例え学期中大変だったとしても、長期休暇は完全にOFFになるのが、パート雇用と引き換えに得な点です。その間塾の講師などをすればますます稼げる訳ですが、将来を考えるとバイトで副収入を追加するよりその間に論文を書くなどしたほうが良いです。給与ははっきり言って十分あるのですし、長期休暇には業績を増やすための作業をします。