2012/10/31

TESOL MA

今日の午後から金曜日まで学園祭による休講です(短い!)。

教員室のメールボックスによく知らない(失礼)出版社の英語教材カタログが配達されていました。まだ来年度の時間割が確定していない中で教科書を考えるというのは大変な作業です。

今後仕事を得るにも、まずは英語教員としての側面をPRしなければならない訳なので、私の出身大学院では英語教授法について何らかの資格等を取ることが奨励されています。学位でなくてcertificate等でもいいので。

かつて、TESOL MAのコースを作り、英文科大学院と二足のわらじでdouble degreeを取り、専門科目でも英語教授法でもMA(修士号)を持っているという人材を輩出していく計画がありました。かつてといっても私が院生だった時の話なので、そう昔のことではありません。
やはり自分としても、ESL/EFLのトレーニングを受けなければと思います。

その一方で、教授法云々以前に「英語を勉強するつもりは別にない人にどのように英語力を高めてもらうか」という問題の方が先に在ります。英語を全員が身につけなければならないのかという点に関しては論争があり、一概には言えませんが、分かれば便利なのは動かし難い事実。この時代だし、折角21世紀築の設備の整った校舎だし、もっとメディアやテクノロジーを活用しようかなとカタログを眺めながら悩む学園祭休みであります。

2012/10/21

学園祭による休講

文化の日近辺は学園祭による休講で休みです。しかし2日半だけです。学園祭による休講で休みにならない曜日があるというのは私にはカルチャーショックです(笑)。ウチの大学では火曜午後~翌週月曜いっぱいが休みですから。しかも時期が勤労感謝の日近辺なので、疲労がたまった秋学期の後半で一旦休めるという利点があります。

勤労感謝の日辺りの週は一週間休み、という生活を10年続けてきた為、文化の日辺りで少しだけ休みがあったらあとはもう冬休みまでノンストップ(勤労感謝の日は休日授業実施日)というのはなかなかきついものがあります。一般企業と比較したら贅沢な話ですが。

ただ、11月第3週の休みは単に休めるというよりも、研究休暇的な意味で重要であったのも確かです。丁度この時期は授業やゼミでの発表を行うシーズンでもあり、この時期に研究を進めることができたのです。もう暑さに悩まされない時期ですし、文化・読書の秋という雰囲気も手伝って、なかなかはかどるものです。

複数の大学に勤務するなら、逆に学園祭の時期がバラけてくれてもいいかな、と思っていましたが全く一緒の時期なので、上に書いたように2日半休みになるだけです。ですから今回の場合、この時期をいかに有効に使って研究を進めるか・・・という話にまではなりません。


研究についてですが、後期も前期同様、ウィークデーに仕事を全部して土日は完全フリーというスケジューリングで進めています。新たなネタがないので、博士論文や参考文献表などを見返しつつ、「これじゃいいテーマにはならない」と思ったものでも一応メモしていこうかと思い始めています。どうでも良さそうな思いつきが後に何かの契機になるかもしれません。

2012/10/20

担当コマ数

私は組合員ではありませんが、首都圏非常勤講師組合のプリントに待遇改善等の訴えがいつものように書いてあって、その中に「たとえ本人が希望しても週10コマ掛け持ちできる講師は少ない」と記されていました。

正直に言うと、非常に驚きました。後輩は11コマやっていますし、別の後輩は12コマやっていて、先輩は去年12コマやっていましたし、以前先輩は16コマくらいやっていて、一人暮らしならば16コマぐらいやらないと食べていけないと仰っていました。こんな状況ですから、私の担当コマ数(9)は決して多くはないのです。少なくもありませんが。

そして、これは必死に口を探してかき集めた結果ではなく、オファーがくるままにハイハイと快諾していればこうなり、逆に辞退しなければ増えすぎるぐらいの状況です。実際、色々な理由で私も他の人も辞退をしています。

つまり、受けきれないぐらいオファーがあるということは、仕事自体はそれだけ多く存在しているということ。私たちが受けきれずに余った口はどこへいっているのでしょうか。

こう書くと何だか嫌味にしか見えなくなってしまうのですが・・・たとえ本人が希望しなくても週10コマ以上担当することが可能、という状態です。

そうなると、余った口が広く行き渡るほどは無いということなのでしょうか。いや、私たちが仕事口を寡占してしまっているのでしょうか。

一旦どこかで仕事を始めると、今度はその中でオファーがくることもあります。例えば2011年度は商学部2コマ担当の予定でしたが、「同大学文学部の英語で一人足らなくて困っている」とのお話で急遽、1コマ増加(年明け)。2012年度はまず、文学部1コマだけのために来てもらって申し訳ないと常々仰って戴いていたことから、文学部の2コマを追加で頂き、年が明けてから急遽元来の担当者が担当できなくなったコマを頂きました。そして、新たな大学からのオファーを受けたところ、1コマのオファーだったのに「さらにもう2個どうか」と追加で来て、そんな訳で突然9コマになったのです。

それこそ16コマ担当したら、稼ぎは多くなりますがはっきり言って授業準備は適当にならざるを得ないでしょう。それを避けるためにも、来年度のオファーは慎重に検討しているところです。研究業績も積まなければなりませんし。これまた何だか嫌な書き方ですが、もっと多く担当したくて困っている方がいらっしゃるのだから、より均等に仕事が分配されればよいのですが。

2012/10/14

雑誌論文執筆

他大の修士課程の学生に「信州にいましたよね?」と言われてびっくりしました。このブログにも書きましたが、JSMES東支部で信州大学に6月に行った時のことです。私は発表した訳でもなく受付等した訳でもなく聴衆の一人でしかなかったのですが。

学生には電車での目撃情報を告げられるし、この職業は微妙に有名になるというか、パブリックになる仕事で、色んなところで見られ知られている。ちょっと怖くもありますが仕方ない。

前置きはそれくらいにして、いい加減雑誌論文を書けよというのが今の自分へのメッセージです、、、博士論文の中でも一番いいネタを学会発表してからもう2年近く経つのに、未だ論文化していません。言い訳すると、それより何よりまず博士論文があったから、ということになるのですが、、、そして投稿してはと当時から言われていた学術雑誌に5つも下の後輩の論文が既に掲載されているのを今発見しました、、、、、、


あと、全てを博士論文に出し尽くして今自分の中がカラッポなので、早急に新しいトピックを模索せねばなりません。しかしこれも前書いたのですが、「Ywain and GawainにおけるLunette像(現代っぽく自立した女性像なので興味深い)」などありきたりそうな物しかなかなか思いつかず、、、テーマ設定は本当に重要だというのが博士論文で学んだことの一つなので、テーマ決めには力をいれたいと思います。

2012/10/07

来年の教材

既に来年度扱う教材を考えています。大学によっては12月上旬には早くもシラバスを書きますし、遅い所でも冬休みの終わり頃には書きますので、意外ともうすぐなのです。

まだ来年度の担当は確定していませんが、文学部の4コマはほぼ確定。商学部の2コマは不明ですが、少なくともゼロにはなりません。(逆に3コマ以上にもなりません。文学部で既に4つ持っているので、上限6コマという規定により、商学部は最大でも2コマになります)。文芸学部のほうは或る意味全くの白紙で、どうなるか不明です。

郵送でも、また教員室のメールボックス経由でも、教科書のカタログ等が届き始めており、やはりそういうシーズンなのだなと実感させられます。

2012/10/04

論文PDF化

仕事上も研究上も特に変化なく後期が過ぎていっています。後期は学生に緊張感がなくなっているためだれていて、クラスを掌握するのが大変であるという違いはありますが。

さて、見直しを重ねに重ねた結果、最終的に博士論文をPDFに変換しました。オンライン上で無料で変換できるサイトをまず利用したのですが、Old Englishに使うJunicodeフォントがイマイチかっこ悪く変換されてしまいました。

Adobeは無料のReaderしか持っておらずPDF作成できるソフトのほうは持っていないので、Acrobat X Proが導入されている大学のPCを使ってみることにしました。とはいえ、当然Junicodeフォントがないためそもそも元のワードファイルにおける引用文が正しく表示されません。

どうせログオフするたびに個人的ファイルは消える仕組みなので、一時的に勝手にJunicodeフォントをダウンロードし、文字化け等なく表示できるようにしてからAcrobatでPDF化し、目次や表紙などまで含めると10個以上あるワードファイルをひとまとめに一本のPDFにしました。ちゃんとした有料ソフトでやったらJunicodeフォントもそのままきれいに変換され、しかもフリーのオンラインで作った物の半分くらいのファイルサイズ!・・・、さすがAcrobat・・・という感じでした(笑)

これで出先でも文字化けなく博士論文が見られます。オンラインストレージサービスにもWordファイルを入れてあるので、出先でも博論が見られる一方で、フォントはちゃんと表示できない、という状態でしたがそれも解消です。今日は教員用PC室でこのPDFを見ながら原稿執筆です。


私は昔、先輩から日本のと留学先のと2つも修論を頂きました(紙媒体)。内容が私の研究と直接関連している訳ではないのですが、レイアウトや書式などが参考になって助かったものです。ですから外観的な面で参考になれば、、、というわけで私の直接の友人知人の方でご希望の場合には個人的にPDFをお分けしてます。内容も誰にとっても理解できる分かりやすいものですしね。


しかしPDFを見ながら作業しているうちに、次の勤務先に向けて出発するのを忘れそうです(苦笑)。あとちょっと書いたら出発です。