2012/09/22

博士論文執筆の所要時間

理系では博士課程の3年間、又はせいぜい4年間程度で博士号が取得でき、一方文系では6年間かかるのも、或いはそもそも博士論文を書かないのも当たり前。小学校の同級生のAさんが理系の博士ですが、やはり普通に修士号の3年後に学位取得していました。しかしなぜこのような違いが出るのかという事を、全く大学院に関係のない人に説明するのは難しいことです。或る方に、博士論文を書かないで終わるのも別に普通のこと、と言ったらとても不思議そうな顔をされてしまいました。

特に少し前の世代だと、博士論文を書かないのは今以上に当たり前。文学で博士号は出ない、というような状況でした。

それが今は、うちの大学院の英文学、米文学専攻の場合ならば「書くのが当たり前」になり、「書かないのが当たり前」だった言語学専攻すらも書く方向性になったようです。

それでもやはり、早い人でも5年間かかっており、大抵6年以上かかって博士論文を出します。なぜそんなにかかるかといえば、まずテーマを決めるだけで大変な事。研究対象は文学作品という既存のモノであり、新発見が相次ぐ分野ではありません。対象が既に決まっているのだから、研究もかなりし尽くされており、その中で独創性ある、研究に新たな視座を提供する研究テーマを模索するのはそれだけで大変なことです。いいトピックを思いついたと思っても、既に他の人がやっています。勿論、誰も耳にしたことのないテーマを考えねばならない訳ではなく、テーマ自体が一緒でも、結論やアプローチが異なれば良いのですが。

そして文学研究は、作品及び研究書を沢山読んだ上に成り立つものです。つまり英文科の場合、英語で書かれた作品、研究書、論文を多数読まなければ論文は書けません。英語で大量のリーディングをするのですから、日本語以上に時間がかかります。

更に、まずは博士課程があります。博士課程に入学したらすぐさま博士論文に取り組み始める訳ではありません。修了必要単位というものがありますから授業を履修しますし、留学もします。私の母校では、博士課程の3年間は基礎訓練を積む期間とされており、博士論文を執筆する期間とは位置付けられていません。博士課程で沢山の授業を履修し、学会発表を行い、留学も行い、訓練を積んだ上で、それから論文を書くのです。授業を履修している間は予習でいっぱいいっぱいでリサーチはあまりできませんから、これが時間をくう理由の一つでもあります。

しかし、5年以下で博士論文を提出するのは無理なのかといえば、そうとも限りません。私の場合、博士課程初期の燃え尽きで肝心の長期休暇中にもリサーチができず、また、悔いなく生きる為に読まねばならない本より先に読みたい本を読んだりしました。こうして研究が遅れに遅れたにも関わらず、6年で出せた(=課程博士の制度に間に合った)ので、もしも順風満帆ならば、そして研究だけに集中すれば、文学であっても3、4年で出すことはできるのではないかと。

そう考えると、もっと早く完成できたはず、、、と何だか悔やまれますが、一方で年齢に助けられたのも事実。
博士論文に取り組んでいる時、勿論かなり悩みましたし、間に合うのだろうかと焦ったりもしましたが、それでも修士論文の時よりも精神的苦痛・焦燥は小さいものでした。まあ何とかなるものだと大きく構えていられたのも年齢のおかげで、博士論文提出が迫る昨秋~冬には良い意味で30歳という年齢を意識することが多かったです。30代だからどっしり構えていられた。これが22歳とかだったら出来なかったと思います(って、博士課程が終わるのが27歳なので矛盾した言い方ですが)。

口頭試問も終わった今、改めて博士論文や博士課程全体のことを振り返ることが多いのですが、博士課程以降の研究の道は順風満帆からはほど遠かった。多くの時間を無駄にしてしまった。テーマ設定もちょっと良くないまま進んでしまった。それでも6年以内に論文を形にできた。そういう経験から、いま博士論文に向けてうまくいかなくて凹んでいる人がいたら私の例を励みにしてもらえたらと思います。

2012/09/20

長期滞在型図書館

以前も書きましたが、そろそろオープンする立教の新図書館や、今年のGWに建て替えてオープンした明大の和泉図書館ではカフェも備えて長期滞在型というコンセプトを打ち出しています。

珍しくも中世ラテン語の本がちゃんとあったので論文校正の為だけに借りてきましたが・・・エントランスに踏み入っただけで「あれ?」と思いました。オープン間もなくして見に行った時に比べて随分化学物質の濃度が濃く感じられたのです。夏の高温で熱せられて揮発してきたものと思われます。エレベーターや階段に至っては、オープン時には無かったまるで「ペンキぬりたて」のような臭いが。私は化学物質過敏症ではありませんが、いくらなんでも限度を超えた臭いに、呼吸できず死にそうでした。ホテルのようにシックな素敵な閲覧席や椅子が充実していますし、上に書いたように長時間滞在可がコンセプトなのに、これではとても図書館で勉強などできません。来週の空きコマにでも図書館にこもって作業してみようかな?と考えていましたが無理です。教員室に戻ります。


さて、私が借りるような洋書研究書は積層集密書庫という所に入っていて、ボタンを押すと動く自動書庫になっています。係員にやってもらうのではなく、各自操作します。わかりにくい配置の中やっと該当箇所を見つけ出しましたが、せっかく書庫を動かしたのに、借りたい本のみが在りません。違うところにしまってしまったか、或いは誰かが館内利用中か・・・

しまい間違いの可能性を考えて周囲も探しましたが無いので諦めて帰ると、ふと表紙が目にとまりました。
なんと私が探していた本は、書店における「話題の新刊」のように、書棚の前面に表紙を前にして並べてある書籍の中に含まれていたのです。自動書庫では、一番前にくる部分にこのように表紙を前に出して本がいくつか並べて展示っぽくなっているのです。まさかそこに中世ラテン語で書かれたrecluseの伝記が含まれているとは・・・。というか、いくつかの本だけを取り出してこのコーナーに置かれると、探している方は困ります。まずこの棚だけざっと見ろということなんでしょうか。

貸出カウンターに行くため階段を下りると、再び猛烈な溶剤系の臭いがこもっていて、一刻も早く出たいという感じでした。

それにしてもひどい空気です。どんなに鈍感でもあれは感じるでしょう。皆気にならないのか、普通に閲覧席を使っていましたが、気にならなくても沢山吸うと良くないのは当然です。花粉症の場合に似て、今は平気でもたくさん吸引することによって過敏症を発症する可能性もあります。図書館は窓を全開にして風を通すというタイプの建物ではありませんから、あれは当分改善しないでしょう。シックスクール対策をして欲しいところですが、結局そうするとコストがかかるのです。

2012/09/19

夏休み終了

本日で約8週間の夏休みも終わりです。昔より2週間ぐらい短くなったのではないでしょうか。後期は全体の授業回数は前期と変わりありませんが、間に冬休みを挟むので前期よりは楽になります。これに加えて昔は祝日も多く(今は休日授業実施日としてつぶれる)、更に学園祭休みがほぼ丸ごと一週間あったのでますます楽な学期だったのですが、現在はそうではありません。

夏休みは博士論文面接の準備、それが終わってからは校正作業で何となく終わってしまいました・・・。後は普通の読書や語学などをやっておりました。

明日から後期の授業が始まります。明日の講義の準備を先ほど終えました。木曜日は2つの大学で教える移動日なのですが、もう一方の大学は明日はまだ夏休みであるため、明日は朝の1コマだけで終了です。


博士論文の校正ですが、とうとう間違いはなくなりました。(多分。)やはり説明的になっている部分も多いので、、、もうちょっとちゃんと論述を出来るように、改めて訓練したいと思います。


後期の一大イベントはやはり日本中世英語英文学会全国大会でしょう!4年ぶりの広島大学訪問です。飛行機で行くので、今から緊張しています(笑)。お酒は弱い方だし、日本酒は好きではないのですが、それでも、西条の地酒のほうも楽しみにしています(笑)。

後期はまずは12月21日までです。それまで体力を温存しながら、研究のほうも忘れないように、しかし無理せず、頑張っていこうと思います。

2012/09/18

引用文のチェック

やはりまだまだ間違いはありました・・・。図書館収蔵に向けて、博士論文の最終見直しを行っていますが、前回書いたように書式上の間違いとそれから引用文のミスまで発見しました。提出前の時点でもあれだけよく見直したのに・・・そして面接準備の為1週間ぐらいかけて読み直したのに、未だに毎日何か見つかります。

引用文は中世英語や古仏語やラテン語で、パッと見ただけでは正直間違いを見つけられないので、原典と文字通り一字一句照らし合わせて確認します。今のところラテン語の引用に誤りはありませんでしたが、中世英語のチョーサーの引用にスペルミスがありました・・・。

チョーサーといえば、自分で引用しておいて気付かずにいたのですが、『カンタベリー物語』の騎士の物語で、パラモンとアルシーテが「死が二人を分かつまで」なんて言っているんですよ。(現在も使われている)結婚の誓いじゃないか!という指摘を或る論文で発見して初めて気付きました。

さて、論文の校正はキリがないのですが、これで最後の修正機会だと思うと突然凝り性のようになってきて、図書館の本(自分では持っていない本)との照合も行う予定です。

2012/09/14

書式上のミス

前々回の記事に書いたように、論文の直しが必要(内容の書き直しではなく、誤植等)だったのですが、まず誤りを直した後改めて眺めてみると、どんどん新たなミスが出てきました・・・。

今回発見したミスというのは、例えばスペルミス等の大きな間違いではなく、細かい書式上の誤りです。

私は巻末註ではなく脚注形式で書きます(それぞれのページの下部に註があるタイプ)。何かの文献を言及したら、初回登場時にフルで文献情報を書く形式です。つまり最初に著者名、タイトル、出版年や出版社など全部書いて、2回目以降の言及においては註では著者名またはタイトル(副題などは略しても可)だけを書き、「Smith, p. 32.」というような簡単な註になります。

しかし、その本を既に登場させたかどうかわからなくなったり、又はカット&ペーストで位置が入れ替わったりすることによって結果的に初回から註が省略形になり、2度目以降の場所でフル文献情報が出ている、という事態が。

あとは、余計なスペースがあったり、ページ数の略し方(pp. 215-25、みたいな書き方)が統一とれていなかったり、出版社名に州の名前が入っているのに出版地に州を入れていたり、、、根本的な大きな間違いではないのですが、こうした細かいミスが続出です、、、

これだけ直せばもうないでしょう!と思いますが、何となく気になるのでまたチェックします(笑)。

2012/09/03

Free JSTOR Access


こんなおいしいお知らせが6月に来たのですが、何度登録を試みてもエラー等になって出来ないまま諦めていました。けれども昨夜また試みたところ普通に登録できました・・・。というわけで家からJSTORが使えます。JSTORひとつでも本当に助かります。早速論文PDFをDLしました。現在、データベースは明大教員用端末室でのみ使える状況ですが、杉並区はちょっとリサーチしに行くには遠すぎますから。

最近は読みたい本を読み学びたいことを学ぶ生活を送って仕事や研究は中断しています。後悔なく生きたいですからやらねばならないことだけでなくやりたいことも優先します。