2012/06/28

期末試験の作成

文芸学部の期末試験提出締切は5日くらいだったかな、と呑気に考えてチェックしたら2日でした・・・。そして2日月曜日は別の大学で教えていて文芸学部の方へは行けないのです。となると、実質締切は29日金曜日ではありませんか!!

ということに昨夜気付きまして、出題内容を練る間もなく期末試験を作り始め、今日は勤務校①で講義後教員用端末室(今頃初利用しました!)で慣れないデスクトップで午後まで作業を続け、2クラス分の期末試験(授業内容は同一だが、当然問題は異なる)を作り終えました。それから勤務校②に行って授業を行いました。

まっすぐ帰っても18時なので、それから全学部のほうの期末試験を作り始め、今終わったところです。これからこの3クラス分の試験をざっと見直して明日提出します。

商学部の提出締切は3日火曜日ですが、火曜日は出講していない為実質締切は月曜日。それまでに商学部2クラスの期末を作ります。それから、9日月曜日までに文学部2クラスの期末を作って提出し、23日までに文学部1クラスの期末を作ります(このクラスのみ自分で印刷することにしたので、提出はなし)。

以前も書いたように、印刷を依頼すると手間は省けるが締切日(しかもかなり早い)があり、印刷を依頼しなければギリギリまで問題を作れるが何十部もホッチキス留めなどして用意せねばならない(意外と大変)、というわけで結局どちらをとるかという話なのですが、前者を選択しました。というのも今年度は自分でやると総計数百部用意することになるのでその労苦は学会ハンドアウトの準備どころではありません。締切日は早すぎですが、その分強制的に早く仕事が片付くというメリットもあります。

勤務校①のPCは申請せずとも強制的に(?)配布される簡単なアカウントで使えるので、また別にアカウントをもらったり申請したりせねばならない勤務先②や過去の勤務先に比べて手間なく簡単に使い始めることができます。また、学内PCの利用もシラバスのオンライン執筆やクラスウェブも同じアカウントでできるというのも、他大学に比べて便利な点。(結構、別々ですから)
教員用PC室はとてもすいていて、お昼休みには賑わう教員室よりも静かですし、効率よく仕事できて良かったです。大学で咄嗟にワードが使えるというのはやはり便利!

0 件のコメント:

コメントを投稿