2012/05/26

授業準備

2クラス分(教科書は同一)の授業準備を先週終えました。立教の先生が書いた教科書で、洋書っぽい和書ですが、空きコマに毎週読んだ、つまり週1回2~3時間程度読んだだけで本文読解も練習問題も終わったのです。こんなすぐに読み終わってしまう本を一年かけてやるのですから、極めて分量は少ないと言わざるを得ません。

この教科書には教員マニュアルがあり、和訳が載っていたので一応参考に見てみたら、驚き呆れるほどの誤訳に満ち満ちており、「一体どこをどうやったらそうなるんだ」という程の間違いだらけでした。学生が超ラクにシケタイできるように、試験前に教員マニュアル掲載の和訳をコピーして配ってあげようかとまで一瞬思ったのですが、これではダメです。試験に和訳問題を出したとして、学生がこの和訳を暗記して試験に臨んだら、却って点が悪くなるかもしれません(苦笑)。


講義のクラスは昨年と同一内容をやるため、準備はざっと見なおす程度なのですが、震災でつぶれた分、今年度は2章ほど多くやることになっています。その(昨年やっていない)2章の準備を空きコマに始めました。とはいえ、これは後期にやる分なので今やらなくてもいいのですが。
この前取りかかったのはインド諸言語の英語との影響関係についてで、「シャンプー」までインド言語起源だったとか、「へえ!」と思う記述が色々ありました。「サンスクリット」のアクセントはどこに来るのかなとか、知っている単語もたくさん辞書を引きました。このクラスは、自分にとっては分かり切っていることを扱う通常の語学のクラスとは異なり、色々授業内容が勉強になる部分もある唯一のクラスです。

さて、早くも前期末テストのアンケートが郵送されてきました。期末試験をやりますか、やるなら期間前試験ですかそれとも定期試験期間ですか、やらないなら平常点やレポなのですか、試験問題の印刷は依頼されますか、というようなアンケートです。もうそんな時期なのですね!8種類(?)の期末試験を作ると思うと、今から気が重いです(笑)。

たった30部であろうと意外と手間がかかる期末試験問題のコピーなので、印刷を事務がやってくれるのは大助かりです。タダですしね。昨年も書いたように、試験当日事務窓口に行ったら、名前も言わないうちに問題が出てきました(=覚えられていた)。でも、本人確認どころか名前も聞かずに問題を渡すなんて、教員のフリして学生が取りに来て学生に問題がリークするなんて事態になり得ませんか?
そしてこの事務の方は今年も、突然私の教室の前で待機していて連絡事項を伝えて下さったりと、2度ほど会話をしたので、ますますしっかり覚えられていることでしょう。で、この方、もしかして私より若いのではないかとうっすらと気になります。

0 件のコメント:

コメントを投稿