2012/04/13

教室設備

やれやれ、水木金でとりあえず6コマ終了です。ああ、あとこれに月曜の3コマ連続があるなんて。

今年から始めた大学はやはり初めてなので少々緊張しましたが、何より驚いたのは教卓が小さな机(小中学校の机のようなサイズ)だったことです。最近、資料提示装置だのDVDだのプロジェクターだのと色々な機器があるため、教卓にはそういった機器やそれらのスイッチが一杯あるので、机もどーんと大きいのです。ボタンも機器もないただの机に本当に驚きました。一応機器類はラックにまとめて教室の隅にあるのですが・・・。校舎自体もとても古く、多分築何十年も経っていると思います。しかも耐震補強入ってません。
2010年度も2011年度も21世紀に建った校舎で授業していたのでそれに慣れてしまい、机ひとつと黒板の古典的なインテリア(?)の教室に強い違和感を抱いてしまいました・・・。

ただ、自分自身が児童・生徒・学生だった頃はボロボロの校舎が当たり前で、新校舎にはほとんど馴染みがありません。大学の語学も、1959年築の校舎でしたし。

講師控室もその古~い校舎の中にあるのですが、内装だけリフォームしてあって、恰も新築のような雰囲気になっています。昨日はそこで3時間過ごし、2コマ(同一内容)について半期の半分ぶんくらいの予習を終えてしまいました。

今年度は
月曜 授業
火曜 休日
水曜 授業
木曜 授業
金曜 授業
土曜 授業準備(一日で全部終える)
日曜 休日

というふうに過ごそうと思っています。

しかしまあ、初回の授業には教科書を持参しないのが逆に当たり前なんでしょうかね。世代の違いなのか大学の違いなのか。私は大学の時、教科書を買い忘れたことに気付いて、急遽土曜日にそれだけの為に往復4時間神奈川県まで行きましたよ!

0 件のコメント:

コメントを投稿