2012/04/16

Ancrene Wisse

3コマ連続はかなり喉にきました。
9コマ中最低5コマはマイクを使うことにしようかな・・・。


前回の投稿に書いた予定を変更して、ウィークデーは授業実施と準備、土日を完全OFFにすることにします。

とはいえ、時間ができればできるだけその分を自分個人の研究にあてなければならない=心おきなく完全に休んでも良い時間は一切ない というのがこの職業。OFFといっても何もしない訳にはいきません。

かといって無理しては元も子もないのですし、学位論文も終わって何か焦ってやらねばならない事も無いので、ゆったり文献を読もうと思います。それに、研究に関しては長期休暇中に主にやるつもりです。大学院生の時だって、少なくとも博士1年までは授業の予習があまりにも多くて学期中にはほとんど自分の研究はできないのですから、状況は同じことです。

前期開始前に読み終わりたかったけど終わらなかった本がAncrene Wisse他のanchoress向け系の著述を収録した一冊です。こういうものを読んでいると、後世の無宗教の人間から見ると「別にいいじゃん」と思う程度の事でも大きな罪とされ、自分を責める訳だから、心身の健康にも良くないんじゃないかと思うほどです。この祈りを何回唱えよ、という指示の箇所は、厳密に回数を決めて決まった文句を繰り返すなんておまじないのように思えてしまいます。

いずれにせよ特にAncrene Wisseについては学部必修の英語史でも習いましたし、とっくに読了しているべき作品なんですが・・・。私はこの作品を、当時の修道院的文脈における男女及び女性同士の接触のあり方を垣間見る為に読んでいます。

0 件のコメント:

コメントを投稿