2012/03/31

今年度を振り返って

もう明日は新年度です!新年度には、文学部4コマ、商学部2コマ、文芸学部3コマで英語を教えます。私は一応商学部の教員なんですけど、商学部が一番少ない・・・。
勤務は週4日になります。

今年度を振り返ると、何だかマスキュリンな一年でした(意味不明)。教えてる学生は大半が男子でしたし、大学院では英文学専攻の新入生が全員男子(これは珍しい!)。英文学専攻は米文学や言語学と比べて圧倒的に女性が多く、大学院は半ば女子校のようだったので、余計変化を感じるのかもしれません。

それはともかく今年度のメインはもちろん博士論文だったのですが、留学など様々な経験を経た現在、一歩引いて構えることができ、心身ともボロボロ・・・にはならずに済みました。終わっても燃え尽きていないのが何よりの証拠です。第一、精神的には災害が一番の負担だったので、博士論文が悩み等に占める位置が相対的に下がったというのもあるかもしれません。

春休みはホーキング父娘の最新作、パストン・レターズ、昨年の中世学会東支部で紹介してもらったMedieval Cats、あとはロンドンで買ってきた観光名所のガイドブック英語版をひたすら読みました(ケンジントン宮殿はじめ10冊)。セント・ポール大聖堂などは元大英図書館のミッシェル・ブラウン著で、研究書並みの文章になっていました。

春休みもあと10日ほど。いつか、本を返しに行かないと。

0 件のコメント:

コメントを投稿