2012/02/28

口頭試問

卒論でも修論でもある口頭試問ですが、卒論は1月の最初の授業日あたりに出して節分の頃に面接で、修論は1月31日あたりに出して2月末ごろ面接です。

しかし博士論文の場合は、口頭試問の実施はなんと「提出後1年以内のいつか」。

つまり、面接は2013年1月、なんてこともありうるんです・・・未来すぎる・・・

もちろん、自分自身もかなり準備が必要ですから、確かに卒論・修論の時のようにサクっと1か月後に実施されてしまっても逆に結構困りますけど。
どうやら面接は2時間はみっちりあるみたいですね。自分でも、ここはどうよと思う部分はわかっているので、これからリサーチします。

しかし問題は、口頭試問があるとは限らないことです。卒論・修論は、よほどのこと、つまり剽窃などがなければ、出来具合によって卒業・修了が左右されるわけではありません。出して面接を受ければもうOKです。博士論文の場合は、①普通に口頭試問をやったうえで合否決定 ②その前に一部書き直し(再審査判定) ③一発不合格 がどれも普通にあり得て(もちろん、多くの人が①か②ですが)、そのまま口頭試問に進めるのかどうかは来年とかではなくもっとずっと早くに判明することになります。

正誤表提出のため読み返しましたが、修論の方がよく書けた気が・・・。テーマ設定の問題でもあるのですが。やはり、断続的に5か月ほどかけた章だけがまあまあよくできていて、あとは何だか…


一発NGもあるということで、執筆中よりも提出後の方が精神的に辛くなってきました(苦笑)。もともと論文書いてないというのなら別にいいけれど、ここまできちゃったら逆に諦めきれないので、もしもダメだったら論文博士の制度を利用して審査料払ってでもまたチャレンジします。せめて再審査判定が出ればいいんですが!

0 件のコメント:

コメントを投稿