2012/01/31

執筆スピード

博士論文執筆資格審査に提出した章は、先生の添削とネイティブチェックも当時済んでいるので、そのまま出そうかと考えていて、この章に全く時間を割かないスケジュールで作業を進めていたのですが、やはり気になってきて、ざっとでも見ようと思い、以前紹介したようなA4一枚に2ページの体裁で印刷しました。

すると、審査に出すものにミスがあっては大変と徹夜で確認した筈が、明らかに変な英語になっている箇所や、一体どうして文の内容がこのようにつながっていくのか自分でもわからない・・・というような箇所が散見されました。理由と結果が合っていないのです。

まあ大学院に週3日通いながら毎日午前4時まで打ち続けて2週間で30枚、ということをやるとこうなるのだなという良い見本でした。同じ単語や表現も繰り返されていて、とにかく急いで量を稼がなければならなかったことがよくわかる原稿でした。これをこのまま出していたらと思うとぞっとします・・・。見直して良かったです。

やはり、下書き段階でも一番良く書けたのが(断続的にですが)5か月かけた章、一番良く書けてないのがこの2週間かけた章なので、どうしても費やした時間によって出来も左右されてしまうのかなと。


というわけで、昨日は家から出ずに31枚の原稿を一日で赤ペン添削してその結果を全部ファイルに打ち込みました。今日は逆に、5か月かけた章の修正に取り組みます。これを先生に出すと、先生への提出はついに終わりとなります。

0 件のコメント:

コメントを投稿