2011/12/30

修正作業

もう明日は大晦日です!

とはいえ、改めて考えると、年末年始のこの時期普段と何が違うかと言えば、おせち少々と年賀状のやりとりだけであって、その他はありとあらゆる面で普段と同じです。まったく日常の生活です。元旦は単なる暦の変わり目にすぎません。TV視聴ですら普段と変わりありません。帰省もないし、初詣もないし、本当に普通のウィークデーという感じです。

逆にだからこそ、この時期に博士論文の作業に取り組むのも何の抵抗もなくできるし、「こんな時期にやらねばならないなんて・・・」という思いをすることもなければ、年末年始の行事等に時間をとられることもなく、普通に作業できます。


さて・・・


すごい!


いや、何がすごいかといえば、前回の記事にあげたようにA4一枚に2ページずつ入る体裁でプリントアウトし、それを使って論文のreviseを行っているのですが


PCの画面で見ていた時には見えなかった点が、驚くほど見えてきます。ここの箇所はこっちに入れるべきじゃないかとか、そういうことが一目瞭然です。一枚に2ページというレイアウトにしたのも、約30枚ずつ印刷するとかさばるというのが主な理由だったのですが、結果的に全体の構成が見渡しやすくなって、このような体裁にして本当に良かったです。内容をすっきりまとめる必要がある部分もあるので、6ページ分くらいを一気に俯瞰しながら、ここをこうして、ここを削って、こういう文章を追加して、この部分をこっちのページに移動して・・・と自分で添削指導してます。

普通にプリントアウトしたら、ここまでいろいろ見えてこなかったと思います。

このように全体を見ながら手を入れているので、随分と改善された・・・と信じたいです(自分で自分の論文を指導した結果、果たしてより良くなっているのでしょうか。笑)。

この枚数ならホチキスで留められるというのも便利ですし。


年末年始はメールも来ず、ウェブサイトのアップデート等の変化も極めて少なく、パソコンをつけていても何もなさすぎるので、かなり久々にパソコンを消して、この作業を進めています。

0 件のコメント:

コメントを投稿