2011/11/29

博士論文提出書類


15日の記事に書いた、博士論文提出の書類を大学事務で貰ってきました。その記事に書いたように、これがまた多くて面倒だとは聞いていたのですが、思ったほどではなかったです。

まず、提出先は結局指導教授ではなく事務窓口だそうです。事務→教授→研究科委員会という流れなようです。

さて、書類の枚数は写真にあるように結構ありますが、一部は大した内容のものではないので、繰り返しになりますが思ったほど大変ではありません。

それにしても、これも15日の記事の繰り返しになりますが、卒業・修了するためには圧倒多数の人が出す卒論・修論は提出方法が掲示され、書類も皆に配布されますが、博士論文の場合はそうではないので、この書類もある意味レア物です。必要とする人だけが個別に取りに来るというわけで、広く公開されてはいない書類ですが、非公表のものでもないので、どんなものか紹介します。

まず、いわば申込書のようなもので、これは名前や住所や論文タイトルを書くだけです。
それから論文タイトル。合わせて副論文や自著などを提出するようなケースでは、それらのタイトルも書きます。外国語によるタイトルの場合は和訳も必要・・・って結構悩みますね、これは。どう訳そうか。
次に、論文要旨。何とA4で5枚~10枚程度書けということです。要旨にしてはなかなかの長さです。
さらに、英文によるまとめ。これは、英米文学専攻ではなくとも必要です(!)。ただし、こちらの方は要旨とは異なり、TOEFLのライティング程度の語数でOK。A4一、二枚程度です。
それから微妙に意外だったのが履歴書。こんなところで履歴書が出てくるのですね。しかし、「研究歴」という欄には何を書くのでしょう?(しかも、欄の大きさが数センチしかありません)
あとは、出来た論文を図書館で全コピしてOKかどうかという意思表示だけです。

こうして見ると、要旨ぐらい付けさせられるのは当たり前ですし、特に「えっ、こんな書類まであるのか」「こんなに煩雑なのか」という点はなく、結構安心しました。これなら特に苦労せずに処理できそう(=論文本体に集中できそう)です。


その肝心な論文の方は、下書き原稿を全て指導教授に提出し終わりました。ですので、既に添削入りで返却して頂いている章の修正に取り掛かっています。本当は秋学期全てを修正に充てるつもりでいたのですが・・・まあ、英文校正と製本の時間も見込まなければなりませんし、早いうちに改訂版を完成させたいと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿