2011/09/28

後期開始

やっと「前期」「後期」という呼び方にも慣れてきた気がします。

さて、後期が始まって早くも2週目に入りました。誕生日に修士1年から留学含めて酷使して文字通りボロボロになっていた鞄を買い換えました。7年ちょっと使った鞄というのは人生最長記録かと。今度はアニエスにしてみました。

後期初回の授業は、英語で発表を行うという大きな課題があるので自然と締まった雰囲気になるかと思いきや、一発叱った方がいいのかと思うぐらいだれていましたが、2回目には元通りになっていました。よく1学期は新年度で3学期は新年だけど2学期は何もないから中だるみになる、と学校時代聞いたのを思い出しました。

今では学生に熱心に頑張ってほしい教員の気持ちも、単位数えるだけの学生の気持ちも、両方よくわかります。しかし、誰に言われなくても無遅刻無欠席が普通で、予習も死ぬほどの量をしっかりこなし、色々学ぼうと自発的に頑張るのが当たり前の大学院世界に6年も身を置いていたため、何だか頑張らない学生に「なぜこうなんだろう」と思うようになってしまいました・・・。しかしやはり、授業を適当に流そうとする学生の心持も理解できますし、それは学生本人の態度だけの問題ではないと思うのです。例えば、厳しい大学入試を通過したら、その後さらに頑張ろうという気になれるでしょうか?授業時間も長いです。私は学部生の時、「そろそろ授業終わりかな」と思ったときに腕時計を見ると必ず30分しか経過しておらず、「あと1時間もあるのか!」と思っていました。

それにしても、英語力を向上させたいなら授業ではまったく不足だと思います。英語を教えつつこんなことを言うのは何ですが、スイミングスクールに行かなければ泳げるようにならないし、書道を習わなければ毛筆で上手く書けるようにならないし、家庭科があったからといって料理や裁縫ができるわけでもなし・・・というように、学校で習って出来るようになることというのは限られています。

英語に関して言えば、中1で始めるのが遅すぎる、というのではなく寧ろ、英語に触れた絶対量が少なすぎるのです。と国会議員や文科省の方々にも直接申し上げたんですけれども、特に読み・聴きの量が少ない→インプットが少ない→英語での発信ができないことがよく取り沙汰されているが、そもそも入れていないものは出てこない→アウトプットもできない(インプット=アウトプットは乳児の母語習得においても同様)ということだと(英語教育論専門外の私から見れば)思います。

英文科に入って英語力が向上したのも、(英文科には英語自体を勉強する科目はないわけですし)ひとえに洋書をたくさん読まさせられたからに他なりません。

0 件のコメント:

コメントを投稿