2011/08/01

成績提出

返信用封筒も提供されていることですし、当初は書留で送ろうと思っていたのですが、西洋中世学会ポスター・セッションの手引きに「セッションの際、発表者は、ポスター縮刷版やレジュメと合わせて、名刺や既発表論文の抜刷を聴衆に配布するのは良いアイデアである。」と書いてあったものだから突如名刺を作成することにして、その用件ついでにということで直接成績を持参しました(もちろん、できるだけ直接持って行くのが望ましいということにはなっています。非常に重要で、かつ、confidentialな情報ですから。)しかしこのちょっとした用事の為だけに、往復約1600円3時間。


もう放棄している学生もいますし、極端に成績不振の学生もいますし、何名か早速不合格者を出しています。しかし、前期の段階で単位を落とすとどうなるのでしょう?昨年度の勤務先では、成績評価は年1回だけでしたし、単位を落とせば即刻留年だったのですが、今の仕事の方は不合格の場合の学生の運命がよくわかりません。

ところで、抜刷を配布するのも良いと上に引用した手引きにあるわけですが、確かに抜刷はしまう場所もなくたまっているだけで、4つの抜刷の山があるので、配れればありがたいですが、どうなんだろう、この辺はまた先生にも相談しつつ考えます。

0 件のコメント:

コメントを投稿