2011/07/31

西洋中世学会

かねがねinter-disciplinaryな学問的交流・学習・研究の視点が必要だと考えていた私にとって、文学専門の人、歴史専門の人、音楽専門の人、美術専門の人、・・・などが集まり幅広く中世を見ようとする「西洋中世学会」の発足は僭越ながら素晴らしい試みに思えたので、第1回大会開催以前に入会を申し込み、初年度は寄付金つきで会費を払い込んだ程です。

しかし肝心の第1回大会@駒場に参加できなかったことに始まり、殆ど関与できないまま月日が流れてしまい・・・

そんな中、学会誌の最後の方に掲載されている新刊紹介を寄稿するお話を戴くことができました。2008年以降に刊行された洋書を、とのことでしたが37枚にわたるBibliographyファイルを検索してもこれが意外とない。結局、指導教授と相談の上2冊に絞られ、オクスフォードに留学していた先輩から一昨年教えて戴いた2009年刊行の論文集を取り上げることになりました。

それが決まってから購入して読んだのですが(これについては本当に色々ありましたが、近しい人にのみお話しします。笑)これが読んでみるとまあ面白く、しかも比較的平易で読みやすい論文集だったので、修士課程の時に読んでおきたかったなと思いました。(勿論その時には本書は存在してなかった訳ですけども)。
Sir Isumbras, Bevis of Hampton, Havelok the Dane, Amis and Amilounなど今までに読んできたロマンスがたくさん出てきたので馴染みやすかったというのもあります。上の記述と矛盾しますが、M1の時などに読んでいたら、まだ作品を殆ど読んでいませんでしたからわかりにくいところもあったと思います。物語が二転三転して振り回されっぱなしのBevisは特に楽しいロマンスでした。

本当にどうでもいいことですが中世ロマンスが現代の女向けロマンス小説に類似してる訳じゃないという指摘には苦笑。謎の黒騎士に抱かれた夜にみたいな話じゃないぞと。

この論文集には、新しい視点もあるけれどありがちなテーマも結構書いてあるし、難解じゃないので初学者にもおすすめです。この本を全部読んでみて、やっぱりロマンス(つまりは物語文学)は楽しいなと思いました。結構研究はし尽くされているので、これをメインに今後進んでいくのは困難ですけれども、『ハムレットは太っていた!』ぐらい新しいトピックを思いつけば話は別です。まあシェイクスピアよりは研究の余地がありそうですし、関心は持続させたい。

しかしこのStudies in Medieval Romanceシリーズが殆ど日本の大学図書館に所蔵されていないのです。この分野では有名なD.S. Brewerの刊行だし、決してマイナーな物ではありません。中世英文学研究がメジャーな慶應義塾図書館にぐらい在っても良さそうなのに無い。全巻取り揃えて欲しいところです。実は私も、先輩に本書を刊行直後に教えて戴いた時には「ま、この本ならそのうちうちの図書館に入るな」と勝手に決めてかかっていました。

とにかく新刊紹介の執筆を終えたのでやっとゆっくりと夏休みを過ごせます。いや、「ゆっくりと急げ」の精神で博士論文を進めます。超僅かながら終わりも見えてきました。何となく少しは・・・。


それから西洋中世学会では、来月に来往舎(実質研究室棟です。どことなく東京国際フォーラムを思わせます)にてポスター・セッションが開催されます。薬学等の発表で採られるポスター発表の形式を取り入れてみようという若手支援の試みで、私も急遽出場決定です。図版皆無な私の研究をどうvisualizeするか・・・しかもいつ、どの程度、どのように喋るか。。。悩ましいところだし、不安ですけれども、まあ、楽しみにしております。後輩たちのポスターも楽しみです。

そういう訳で今更ながらようやっと西洋中世学会に微力ながらcontributeすることができ、嬉しく思っています。

0 件のコメント:

コメントを投稿