2011/05/28

Sharing alternative viewpoints

日本中世英語英文学会主催「研究助成セミナー」は、大学院生や若手研究者の皆さんが中世英
語英文学研究を進める上で助けとなるよう、日ごろ交流する機会が少ない他の大学の人たちとい
っしょに、さまざまなテーマについて学ぶことができる機会を提供することを目的に毎年開催さ
れています。


というのが昨年送られてきた開催案内の文面でした。これはよいことだなと思いました。

日頃院生たちから時折聞くのが、「他大学の同分野専攻の院生を全然知らない」という事です。確かに、「あの人は何年も前からよく見る人だけど、学生かなあ」といったように、「とりあえず学会で見かける顔だけは知っている人」というのは自然にできていくわけですが、交流したり、ひいては共に学んだり考えたりということになると極めて機会は限られると思います。せいぜい学会後の懇親会に出席して話すぐらいでしょうし、ゼロから知り合いになるのは容易ではありません。(これはその人の人づきあいの得意さにも大きく左右されるでしょうが・・・。)

学会を契機にする場合は、やはりまず自分が積極的に出席し、かつ、できれば研究発表を行えば、そのつてで同じ教室で発表した同年代の院生と知り合えたりします。ただ、学会という場は年に数度しかないわけです。


私の出身大学院では、他大学の人が授業に出席していることも珍しくはないので(必ずしも単位互換制度等ではなく、先生に申し出て出席するいわば「もぐり」の場合も多いです)、そういう時は交流ができます。しかし振り返ってみれば私たちはあまり他大学に行っていません。自分のところの授業が多すぎて、追加で他に出かける余裕がないというのもあります。

このように、交流の機会は少ないわけですが、それによるメリットは、異なる方向性に触れられるということです。当然これは留学でも実現できることです。
つまり、先生方は何でもご存じですが、もちろん特に専門としている領域、視点というのはそれぞれです。さらに、各大学のカラーもあります。例えば同じシェイクスピアでも、この大学は上演史に強く、この大学は出版史に強い、というような傾向の違いがあるはずです。
自分の所属している大学でよくみられるアプローチが、他大学ではあまり触れられていないことも珍しくなく、その逆もまた然りであります。
だから、同じような研究テーマでも、こういう視点があったか、こういうコンテクストがあったか、と新たな発見ができる。それが他大学の研究&それに携わる人々と交流する重要性であると思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿