2011/05/01

博士論文進捗状況

1章 4分の1
2章 半分
3章 完了
4章 6割
5章 原稿完成、先生の指導済

正直ネタぎれになってしまった章に関して指導教授に相談しましたが、扱うネタ自体は現状維持でいいようです。となると明らかに量が足りていないのは論述不足ですね・・・。

先輩が、こんな短い作品について修士論文を書くのは大変だと或る先生にこぼしたところ、「俳句一句に関する本もある」と切り返されていたのを思い出しました。つまり、扱う文学作品はたった五七五の17文字しかないのに、一冊の本が書かれている、だから論じる作品の長さは必ずしも関係ないのだと。

もちろん、作品が短ければ分析しうる要素も絶対量は少なくなるので、書きにくいというのはあると思いますが。

0 件のコメント:

コメントを投稿