2011/03/30

テキスト④

今度は指定教材(=私が決めたものではない)です。
目次を見てみると

1.英語の出発
2.危機一髪
3.苦難の時代
4.試練のなかでの進化
5.玉座奪還
6.新生イングランドの文学者チョーサー
7.神の言葉となった英語
8.国家の言葉へ
9.壮大な権力闘争の果てに
10.言葉のルネサンス
11."正しい"英語を求めて
12.永遠の作家シェイクスピアの英語
13.アメリカへの運命の旅
14.大いなる西部
15.川下に売られて
16.英語を"つかまえ"ようとした人々
17.正しい発音のために
18.蒸気機関、街路、そしてスラング
19.イギリスとインド、波瀾の関係
20.英語のるつぼ、西インド諸島
21.オーストラリア英語の宝
22."光と影"
23.英語の植民地化
24.英語に明るい未来はあるのか?

以上。

普通の全員必修の、語学(英語)のクラスなのですが、単なる語学の教材とは思えない内容です。
英語史から現代英語の諸相に関わる事まで扱っている壮大な本で、興味深く考えさせられるしかも学術的な内容が満載。大学に入っていきなりこの内容です。皆さん、折角ですから是非がっつり勉強してください。(単位取得の為にも!)

古代中世の辺りについては、フランス語・ラテン語が存在する中での英語という言語の地位向上、英語が国家意識、アイデンティティや英国性の概念形成に果たした役割が面白い点で、以下のような文献もあります。

Derek Pearsall, ‘The Idea of Englishness in the Fifteenth Century’, in Nation, Court and Culture: New Essays on Fifteenth-century English Poetry, ed. by Helen Cooney (Dublin: Four Courts Press, 2001), p. 15~

Ian Short, 'On Bilingualism in Anglo-Norman England', Romance Philology, 33:4 (1980), 467-79

Thorlac Turville-Petre, England the Nation: Language, Literature, and National Identity, 1290–1340 (Oxford: Clarendon Press, 1996) 


現代については、好むと好まざるとに関わらずlingua francaとなった英語、今や「ネイティブスピーカーだけのものではなくなった」世界の英語などが興味を引くポイントです。

しかし間違えてはいけないのは、これは英文科の授業でもなく、英語の授業であって、あくまでこの内容を教材にして英語の勉強をするということです。
とはいっても、私たちがこれだけコンプレックス状態になってまで勉強している英語というlingua francaがどのような歴史を持ち、今どのような状況にあるものなのか、確かに知っておくべきだと思います。

正直なところ英語史の面では私自身も忘れてしまっている内容も多く、何年も前から復習せねばと思っていたところなので(授業中、先生が院生たちの英語史の忘却具合に愕然とされることも多く・・・)私としても勉強になります。いい機会になります。

1 件のコメント:

  1. Your site article is very intersting as well as fanstic,at the same time your blog theme is exclusive and ideal,great job.To your success.

    aromatherapy

    返信削除