2017/08/17

Empire of Magic読了

Geraldine Heng, Empire of Magic: Medieval Romance and the Politics of Cultural Fantasy (NY: Columbia UP, 2003)


以前、フランスのアマゾンから購入したことをここに書いた本ですが、春休みの終わりに読み始めた為、70頁ぐらい読んだところで学期が始まってしまいました。
というわけで残りを読んだのですが、残り230頁ぐらいであったにも関わらず、生来の驚異的な集中力のなさにより、10日間ぐらいかかってしまいました。毎日文献を読んでいるとどんどん目が悪くなるのが困りますね。かといって読書をやめるわけにもいきませんし。
註が160頁もあるため、本全体の分厚さの割に本文の量は普通なのですが、block quotationも少なく、絵や図表もないので、とにかく文字がぎっしりでした。研究書は必ずしも読んで楽しい本ではありませんから、二次文献を読むのは何年経っても苦しいものです。

但し、本書は中世の文学、旅行記、歴史書、文化、戦い、中世から現在に至る人種問題、など多様な分野に関する広範な読書に基づいて書かれた興味深い本で、先輩後輩友人知人そして自分の研究分野に関わるテーマが散りばめられていました。


獅子心王と渾名された実際のリチャード1世はあまりイングランドに滞在しなかった仏語話者の王であるのに、ロマンス『リチャード獅子心王』に於いては王は英語を用い、アングロサクソン戦士好みの戦斧をふるう、という指摘は面白いですね。

Alliterative Morte Arthureに関しても一章が割かれていました。本章では特に、歴史と対比させながらの論考が展開されています。兵器の発達や社会の変化により、馬上の騎士の存在が揺らいでいた当時―つまり由緒正しき家系の武勇に優れた騎士がいたところで、大砲に対しては無力なわけで―或いは又、新興階級が経済力を背景に力を増しているなかにあってーAlliterative Morte Arthureは旧来の騎士道、封建主義を擁護する作品であるとHengは主張します。
また、本作に登場する「ジェノバの巨人」についても詳述されています。なぜジェノバなのか。Hengは、当時のジェノバがフランスの同盟国・イングランド参加の十字軍を援助せず・奴隷貿易実施・フランス王室の歳入を上回る税収・第4回十字軍のルートに影響を与えたベネチアとジェノバは敵対…といったことから、ジェノバは「あちら側」且つ経済的な意味で巨人であったのだといいます。

本書第四章のBeauty and the Eastという題名は美女と野獣をもじったのでしょうか(笑)。この章のタイトルを見ただけで、テーマ曲が浮かんできてしまいます。
この章では、女性のキャラクターが扱われていて、チョーサー『カンタベリー物語』のMan of Law's Taleや、Clerk's Taleなどが取り上げられています。これらの作品におけるヒロインたちは、自身のイニシアチブも欲望も、母としての愛を除けば無く、他者によって動かされていきます。しかし、彼女たちの苦境が人々に知れると、皆が嘆いてくれたりして、民衆が一致団結してくれるのです。Hengは、合意の持つ力について指摘しています。

最終章はマンデヴィルの旅行記について。当時、旅行記のオーディエンスはやはり、異国に於いて物凄く奇妙なことや、西欧ではタブーなこと等を期待してしまうので、様々な性行動やら人食いやらといった描写もなされるわけですが、マンデヴィルの旅行記で興味深い点は、こうしたエキゾチックさだけを追求するのではなく、世界の遠隔地におけるキリスト教の痕跡を辿ることで、異郷もそれほどエキゾチックではないことを示して世界地図をラディカルに変えていることです。
また、キリスト教の異宗派に対しても糾弾をせず、各地の文字を紹介することでシステムの共通性を示したりもしています。
このように多様性に対する寛容、柔軟な立場が見られるということです。

本書で少し気になったのは何とスペルミス。電子辞書の、うろ覚えでも引ける機能というのを活用しました。


参考文献表も全て見ましたが、スター・トレックに関する本があったので、そんな言及はあっただろうかとIndexで調べると、序論において、「20世紀におけるトラベル・ロマンスの人種やジェンダー」という点でさらりと述べられていたに過ぎませんでした。
言われてみれば確かに、1960年代という公民権運動の時代の米国において、白人男性だけでなく、ロシア人、日系人、黒人女性までもがメインキャラクターになっているというのは、当時としては考えられないことで、黒人女性はキング牧師に励まされたと聞きます。


さて、夏休みに入ったら読み始めなければならない書籍があったのですが、それがまだ届きませんので、すっかり予定が狂いました。さしあたりラテン語読書会の準備でもしておこうかと思います。

2017/08/05

Writing for Art読了

以前ブログ記事に書いたWriting for Artを漸く読み終わりました。
その時書いたように、結構新しい本なのに一部袋とじ状態になっていた為、ペーパーナイフで切り開きながら読むことに。一体いつの時代の本だという感じでした(笑)。

 
このペーパーナイフがまた中世っぽい感じがします。確か親の海外出張土産で貰った物だと思うのですが、物語世界に空想が飛んでいくようなデザインです。
 
この本では、notional ekphrasisつまり文学作品中に於いて描かれている美術品が架空のものである場合はあまり扱っておらず、美術館で見られるような、実際に存在する作品を描いた文学作品(主に詩)を取り上げていましたので、又、時代も近現代のことでしたので、私自身の研究に直結する内容ではありませんでした。例えば、ブリューゲルの絵画『雪中の狩人』について書いた詩であるとか、誰もが知るモナリザについて書いたものとか、そういった具合です。PRBも結構取り上げられていました。
 
完全に物語世界の中だけに於けるエクフラシスと比較すれば、このように美術品の現物があると、それについての詩も美術品の鑑賞に影響するので、相互作用が見られるのが大きな違いの一つです。詩のほうを先に読んだ人々の中で、絵のほうも見てみたいという機運が高まって、実際に絵画を見てみると、詩から受けた印象を既に持っている状態で―即ちある種の先入観をもって―絵画を見ることになります。詩の解釈や印象も人それぞれでしょうから、「あれ、こんな絵だったのか」とか、「思った以上に色彩がないな」とか、何がしかの意外性を感じたり、又は、「詩に描出されている通りの絵画だ」と納得する気持ちを感じたりするかもしれません。中には、この絵画を見たら皆この詩を思い出さずにはおかない、といえるほど密接に絵画と詩がセットになっている作品もあるようです。そうなると、絵画はいわば文章から(物理的距離という点で)離れた挿絵のようでもありますね。
 
写真が世の中に登場してくると話はややこしくなります。現実を写し取るという点で、絵画と文字のどちらが優れているだろうかという話だったのが、そこに写真が出てきてしまうと、写真は絵画どころでない現実再現性を有しますから…
 
というわけで、今度はフランスのアマゾンから購入したEmpire of Magic(以前ブログに紹介しました)がほんの少ししか読んでいないまま春学期中放置せざるを得ませんでしたので、続きを読みたいと思います。ラテン語の初級文法が未だにしっかりしていないので、その復習もしています。第二外国語の学習にも精を出しています。休み中は屋外に出ない日も多いので、フィジカルトレーニングも(笑)。

2017/07/22

夏休み2日目

ようやく期末試験採点が終わりました。(成績の記入はまだです・・・)

9コマ中2コマは通年科目で、まだ成績はつけませんが、残り7コマは実質的には通年科目のような半期科目なので、一旦成績を出します。人間は誰でもミスをしますが、採点・成績評価はミスをしてはいけないので本当に神経を使います。ミスをしてはいけない中、何かしら間違えることもやはりあるので、赤ペンはもちろんのこと、修正液も減りました。

商学部ではこれまで手書きだった成績提出がマークシートに変わりました。(マークシートも手書きですが、これまではABCといった文字自体を手書きしていました)同大学文学部では以前からマークシートでしたので、形式が揃った感じです。丁度来週勤務先に行く予定があるので、その時ついでに成績を持参しようと思います。

木曜日3コマ分の採点に時間がかかり、昨日は使えない時間もあったので、採点が本日土曜日14時半頃までかかってしまいました。
前回の記事に言及した試験時間ですが、問題文が日本語の場合でも、「自分が解くのに要した時間の2倍与えても時間が足りない様子だった」という事態になったクラスが複数ありました。時間が余って途中退出者が続出するというつもりでいたのですが・・・

一方、共通シラバスで平常点が60点と決まっているクラスでは、敢えて、時間が足りないのが当たり前というぐらいの分量にしました。平常点が満点の学生も多いので、変な話ですが、期末がボロボロで丁度良いぐらいなのです。試験が多少でもできるとすぐ総合スコアが超高得点になってしまうわけですが(期末試験が50点でも総合80点になる計算)、かといって全員A+のような評価にするわけにもいきませんので。(成績の大まかな分布はクラス間で統一しようということになっています)

2017/07/02

期末試験作成・解答作り終了

早くも、春学期授業はあと2週間となりました。当日早く出勤して印刷・ホッチキスどめをするのは大変ですし、慌ただしいですし、早く出勤するつもりが列車遅延などで早く着けなかった等のリスクも伴いますので、前の週までに試験問題が実体としても完成していなければなりません。一番早い期末試験はもう11日にありますし、試験の詳細は二週間前にはクラスで発表していますので、試験問題は9コマ分作り終え、昨日までに全て自分で解きました。

以前は自分では解いておらず、試験時間も感覚で決めて「これで間に合うかな」と心配しながら試験を施行していたのですが、最近はガチで自分で解いて、所要時間の決定兼模範解答作りの作業をしています。

ただ、前も書いたように、所要時間の決定は難しく、私が解くのに要した時間+10分くらいでも学生たちの解答が余裕で間に合っている様子だったこともあれば、2倍の時間を与えても苦戦している様子だったこともあります。どうやら、問題文・選択肢等が英語の場合、後者のケースになる気がします。

ストップウォッチを置いて本格的に、且つ、昨日は6コマ分くらい解きましたので一日がかりで結構疲れました。

あとは物理的に試験問題を作る作業です。(負傷防止の為、本当に指サックを買いました)
現在、2コマ分作ってあるので、あと7コマ分の印刷と5コマ分のホッチキスどめがあります。(2コマは基礎クラスなので、試験問題も一枚しかありません)
先日2コマ分作った時は、コピーとホッチキス・折りで1時間かかりました。なるべく授業後残ることなく作りたいので、来週(明日)から2週間かけて作業を進めたいと思います。
やはりホッチキスどめと折る作業(A4サイズに折っておかないと、職場のメールボックスにしまっておけない&試験後自分が持ち帰れない)が本当に大変ですね。ホッチキスまでやってくれるコピー機も確か世の中にはあったと思いますが。

2017/06/24

日本中世英語英文学会東支部研究発表会

先週の土曜日に、金沢学院大学にて無事開催終了致しました。

金沢は西日本だという声を考えて、23区内2校含む関東地方の複数校における開催の検討や打診を行ってきたものの、それでもそれぞれの事情により開催が難しく、(私は非常勤の為自分では開催校をお引き受けできないのですが、それでも、非常勤先の専任の先生にお願いして、開催の検討を行いました)結局金沢でやるしかないという状況と相成りました。

幸い新幹線ができたので、東京からであれば、新大阪に行くぐらいの感覚で金沢駅に行くことができます。北陸新幹線は初めて乗りましたが、トンネルが多く、車窓の風景はあまり楽しめませんでした。

学会は土曜の午後のみですが、午前中から役員会議のため、前日入りしました。(仮に当日行くのであれば、4時台に起きなければなりません) 金曜日は休日なので、昼間から出かけ、5:30頃には駅に到着。駅構内銘店街で夕食を買ってホテルで食べました。ホテルは駅構内と書いてありましたが、本当に構内に入口があったので何か不思議な感じでした。


 
ホテルの部屋からの風景
 
駅から大学までのバスは42分ぐらいと、かなりの距離でしたが、役員の先生とお話ししながら向かったので、あっという間でした。大学に着くと、郊外の丘の上であるせいか、駅前より随分と涼しく感じました。
 
学会では、受付担当ではなかったのですが、結局受付にずっと居て、何と発表を全く聴きませんでした。
 
今回、懇親会場は駅前のホテルであったため、皆様から集めた懇親会費を駅まで持って行かなければならず、懇親会会場行きバスチャーター代、懇親会会場使用料と合わせて30万円を超える現金を運搬しました・・・。
 
懇親会に関わる業務は普段開催校がやって下さいますので、私は懇親会のお金の処理を実は初めてやりました。
懇親会後は、風邪を引いていたので(4週間で2度風邪を引くという、おそらく人生初の異常事態になっていました)二次会は行かずに失礼し、すぐにホテルに戻って懇親会費会計の検算を行いました。今回は、年会費、当日会員費、懇親会費全ての会計が一発でぴったりと合って良かったです。
「金沢駅内郵便局」があったのも非常に助かりました。お陰で、懇親会のバス代・会場代を家から持ってくるのではなく、金沢駅で下ろすことができましたし、懇親会費の残金や、受付で支払われた会費も、口座に入れてから帰る(=現金を持ち帰らなくて済む)ことができました。
 
金沢に旅行したことはあるので、今回観光はしませんでしたが、旅行経験は90年代のことである旨開催校の先生に申し上げると、かなり驚いていらっしゃるご様子でした。何しろ当時私は小学生でしたから(笑)。
 
さて、これで役員として携わる東支部研究発表会も終わりです。
役員の仕事は、本当に全く負担になるものではありませんでしたが(年度末シーズンに半日ぐらい費やす程度)、唯一大変だったのは、自分の任期に限って山形県と石川県で学会が開催され、土曜の午後だけの学会にも関わらず二泊しなければならなかったことです。パートタイマーなので全部自費ですから、それが大変でしたね。
 
ああこれで大体終わったなあと思うと、帰りの新幹線の中で涙が出てきました。大変な業務があったわけでもないのに、感慨深く思われました。
 
次の学会は12月に行われる日本中世英語英文学会全国大会です。立教大学で開催されますが、一度しか行ったことのない大学なので、駅からの道順を完全に忘れました。
今回私は発表の予定はないので、一聴衆として参加する予定です。そして、最後の役員会議があります。
 
 
 
ついこの前始まった気がする春学期ですが、早くも授業はあとたった2、3回。そろそろ期末試験のことを考えなければなりません。問題作りで必ずと言っていいほど手を切るので、指サックでも買おうか検討中です。
 
夏休みは、久々に締め切りを抱えることとなりました。謙遜ではなく本当に、自分にできるのか未知数なことを引き受けてしまったので、どうなることやらという感じですが。

2017/06/11

中世学会月間

今週は、電車に轢かれた人間の両腕を目の前に見るというとんでもない一週間の始まりでした。

今月は西洋中世学会(於 首都大学東京 八王子市)、日本中世英語英文学会西支部例会(於 関西外国語大学 枚方市)、日本中世英語英文学会東支部研究発表会(於 金沢学院大学)と中世関連の学会が続きます。

西洋中世学会の日は授業でしたが、京王線南大沢駅は新宿駅から約35分と、イメージしていたよりは近かったです。羊皮紙や甲冑など、体験型のコーナーがあったのも良かったですね。シンポは映像化される中世についてでしたが、映像作品のみならずそれこそ甲冑などの武具に関しても、後世におけるイメージの影響があるかもしれません。例えば、バイキングの兜に必ず角が生えているように。
映像化といえば、King Arthur: Legend of the Swordという映画が4月27日にアメリカで公開されたばかりです。ガイ・リッチー監督で、エリック・バナやジュード・ロウが出演しています。映像を見た感じでは、これはこれでまた独自の中世世界を描出しているような印象を受けます。
 
日本中世英語英文学会西支部の例会は西洋中世学会と同日の開催であったようです。なぜか今週末であると思いこんでおりました。

そして日本中世英語英文学会東支部の研究発表会は来週土曜日、金沢学院大学にて開催されます。大学名の通り、会場は金沢市に位置していますが、JR金沢駅からバスで40分少々かかります。バス代は420円で、私が調べた限りでは、ICカードは独自のものであり、全国交通系ICカードの相互利用に含まれていないようですので、参加なさる皆様は小銭をご用意ください。但し帰りは、バスをチャーターしております。

これが終わると次はもう12月の日本中世英語英文学会全国大会ですが、私にとっては、(役員会議があるので)日曜日の9時に立教大学に行くというのが少々きついですね。(笑)

2017/05/19

Writing for Art

GW後は案の定、「だからGWを休日授業日にしろと言ったのに」と言わんばかりの状態になっているクラスが多く、何を言っても聞いていない。大変でした。

さて、2月に注文した本が、今頃届きました。

 
 
マンチェスター大学出版局刊(2008)。
表紙が気に入らないのですが(笑)、どこの図書館にもなく、比較的安かったので、購入してみました。
しかし2008年と古くない本なのに、頁が袋とじ状態になりかけている箇所が散見されます。(19世紀の本を借りたりすると、完全にページがくっついたままのこともありますが)製本や紙や印刷の感じも、手作り感溢れるというと少々言い過ぎですが、かなり安っぽい感じがします。新品ですが、置き古しだったのか、表紙も擦れたような感じです。開けたり折ったりした跡はもちろん無いのですが。
3か月もかかって購入までした割には、どの程度使えそうかが未知数過ぎるのですが、気軽に読んでみようと思います。

2017/04/28

GWを休日授業日に!

今学期は100分授業の影響で帰宅時間も遅くなり、例年以上に授業準備時間が確保できず、どうなることかと思っていました。しかし、例年、学期始めは週末返上で授業準備を行っているのに、今学期は一週目の日曜日の午後ぐらいから自由時間が取れるようになりました。コマ数はもちろん、新作教科書の数も含めて仕事量は昨年と一切変わらないのに、不思議なものです。

さて、表題のような提案を敢えて。昨年も書いたように、授業実施が軌道に乗り始めたところで大型連休が入るので出ばなをくじかれ、学生の方もここで一気にだれてしまいますので、敢えてGWをつぶし、7月に早く終わった方が良いような気もします。特に5月1日は平日ですからそのまま授業を行い、海の日の休日授業日をなしにした方が良いように思いますが・・・(勤務先①は明日から7連休なのです!)
もちろん、既にGWを(全部ではないかもしれませんが)潰している大学もあるようです。
又は、GWは休日授業日にして、その分6月はじめ頃を代休にすると一番助かるようにも思います。


そうは言っても、連休があること自体はやはり助かるので、春休みにやりきれなかったことを来週はやろうと思います。買った文献も読み途中ですし。


早くも来年のことも考えています。学会事務業務が今年度で任期満了なので、いかに素早くスムーズに引き継ぎを行うか今から考えを巡らせています。特に私はけっこうな荷物を引き継がねばなりませんし、早く荷物をお送りしないと次の方の業務にも影響しますので、今年度は例年にない早さで決算・監査を終了させたいと考えています。

2017/04/01

新年度/The Making of Medieval History

新年度になりました。とはいえ、非常勤講師は授業開始まで業務がありませんので、私は春休みがあと8日間あります。
今年度、時間割自体は昨年度と一緒ですが、担当科目が1つだけ変わります。但し、以前複数年担当したことのある科目で、初めてのものではありません。
今年度の教科書は何だかCengageが多くなりました。ナショナル・ジオグラフィック誌や話題のTED Talksとコラボレーションした教材はどうしても目を引かれてしまいます(単に見た目のレベルでも)。オールカラーで写真や図を多用した教科書は重いのが玉に瑕なのですが。

春休みは確か、1月に1回、2月に1回、3月に1回、と毎月1回だけ東京に行ったと思います。行き先は全て勤務校①で、図書館ですらありませんでした。学期が始まったら文献集めをもうちょっと頑張ろうと思います。
春休み中は週3回くらいしか自宅から出ていなかったので、フィジカルトレーニングに励みました(笑)。


さて、先月面白そうな論文集が出版されました。The Making of Medieval Historyという本で、アマゾンのなか見!検索で目次などご覧戴けます(但し、表示されるのはKindle版です)。
当然中世文学ではなく中世史の本ということもあり、知っている著者はDame Jinty Nelsonだけなのですが、Jintyは二回授業にいらっしゃったことがあります。学生たちからも一段と尊敬されている様子が伝わってきて、私は当時Jinty Nelsonのお名前もお顔も存じ上げなかったために、どなたなのだろう?と思っていました。Jintyはやはり皆に崇敬される一段高い存在という感じでしたが、一方で学生の発言にとても刺激を受けていらっしゃって、「若い世代の反応を聞くのは楽しいわ」という感じで学生と議論をしていらっしゃいました。

本書が目にとまったのはそのタイトルのせいでもあります。留学中、Making the Middle Agesという授業を取っていたので、その連想というだけなのですが、中世という時代は遠く離れているだけに、「作られる」部分も色々とあるのだろうと思います。

2017/03/17

Empire of Magic

amazon.frで4000円台で購入した研究書です。ペーパーバックです。

 
値段が値段なだけに、図書館に購入希望を出すか、いくつかの章をILLで複写取り寄せするか迷ったのですが、結局買ってしまい少々後悔しています(笑)。
 
よくよく見たら本書は昨年参加した学会発表のハンドアウトに載っていましたが、実はそこからではなく、アマゾン(日本)のおすすめ商品から知ったものです。アマゾン(日本)はやけにrelevantな本をおすすめしてくることもあり、侮れません。エクフラシスに関する文献の一部もやはりアマゾンの「お客様へのおすすめ」の所で知りました(しかも、3、4冊)。(その時は買わずに、慶應義塾図書館で借りてきました。)別に普段アマゾン(日本)で研究書を買っているわけでもないのに(買ったことがなくはない、という程度です)おそろしいものですね!
 
この、Empire of Magicという研究書は500ページ台の厚い本ですが、何と本文は300ページほど。本1冊分ぐらい註があるのです。
 
春休みもあと3週間。本書を読み進めつつ、過ごしたいと思います。
 
 
ところで、先週か先々週ぐらいだったでしょうか、4月からの後輩のシラバスが出ていたので、あまりの早さに驚いていたところ、他大学でももう出ているところがありました。語学シラバスを見ていろいろと参考にさせて戴きました。
母校の二年生の中級フランス語(必修第二外国語)は、2コマのうち1コマが共通教科書になっていて少々残念ですね。私が履修したクラスには、映画脚本を教科書にした『マルセルの夏』というのがありましたが、それで南仏の食文化にも興味を持って、カサゴなんかが本文に出てきましたので、その後実際に外食時に食べてみたりしたものです。
法学部では、第二外国語もインテンだと当該言語の学科に負けないぐらい学ぶことを今になって知りました。これは凄いですね。